津田健次郎:実写映画「わたしの幸せな結婚」で宮内省長官に “あるモノ”を手に険しい表情

映画「わたしの幸せな結婚」に出演する津田健次郎さん(C)2023 映画『わたしの幸せな結婚』製作委員会
1 / 2
映画「わたしの幸せな結婚」に出演する津田健次郎さん(C)2023 映画『わたしの幸せな結婚』製作委員会

 人気声優の津田健次郎さんが、人気グループ「Snow Man」の目黒蓮さんが主演を務める映画「わたしの幸せな結婚」(塚原あゆ子監督、2023年3月17日公開)に出演することが11月25日、分かった。津田さんは、宮内庁長官として街の平和維持に努める賀茂村紀夫を演じる。賀茂村が、帝都で起こる謎の襲撃事件の鍵を握る“あるモノ”を手に険しい表情を浮かべた場面写真も公開された。

 俳優の渡邊圭祐さん、火野正平さんが出演することも発表された。渡邊さんは若くして貿易会社・鶴木貿易の社長に上り詰める鶴木新、火野さんは新の祖父・鶴木義浪をそれぞれ演じる。鶴木新、鶴木義浪、賀茂村は、主人公・久堂清霞(くどう・きよか、目黒さん)と共に帝都で起こる謎の襲撃事件を調査することになる。

 映画は、小説投稿サイト「小説家になろう」などで人気の顎木(あぎとぎ)あくみさんの同名小説が原作の“和製シンデレラ”ストーリー。明治、大正期をイメージした架空の時代を舞台に、家族から虐げられてきたヒロイン・斎森美世(今田美桜さん)が、冷酷無慈悲とうわさの若き軍人で名家の当主の久堂清霞と出会い、新たな運命を切り開いていく。アニメ化されることも話題になっている。

写真を見る全 2 枚

アニメ 最新記事