ポプテピピック:超クソデカ合体 グレートバリバリピピックがMODEROIDに バリ造形&バリアクション フルバーストも

「ポプテピピック TVアニメーション作品第二シリーズ」の超クソデカ合体 グレートバリバリピピックのプラモデル「MODEROID 超クソデカ合体 グレートバリバリピピック」(C)大川ぶくぶ/竹書房・キングレコード
1 / 13
「ポプテピピック TVアニメーション作品第二シリーズ」の超クソデカ合体 グレートバリバリピピックのプラモデル「MODEROID 超クソデカ合体 グレートバリバリピピック」(C)大川ぶくぶ/竹書房・キングレコード

 テレビアニメ「ポプテピピック」の第2期「ポプテピピック TVアニメーション作品第二シリーズ」に登場した超クソデカ合体 グレートバリバリピピックのプラモデルが、グッドスマイルカンパニーの「MODEROID」シリーズから「MODEROID 超クソデカ合体 グレートバリバリピピック」として2023年6月に発売される。価格は1万900円。

 超クソデカ合体 グレートバリバリピピックは、第2話「#2 グレートバリバリピピック『出た!超クソデカ合体』」に登場。コーナー監督、“スーパーバリザー”として「超獣機神ダンクーガ」「機甲戦記ドラグナー」などを手がけ、ロボットアニメ界の巨匠とも呼ばれる大張正己さんが参加したことも話題になった。

 プラモデルは、劇中のロボットを再現した“バリ造形”と関節可動による“バリアクション”を楽しめる。グレートクソキャノン、ロードオブカラミティ、バリアントキャノン、ミサイルポッドなどの武装が付属し、フルバーストも再現できる。

 オリジナル要素として、グレートクソキャノンと超クソデカ合体用パーツを専用ジョイントで組み合わせることで、余剰メカ・謎フォートレス状態と合体させることが可能。グレートバリバリピピック合体時に余剰となるメカポプ子のパーツは、専用素体に取り付けることでグレート“ミニ”バリバリピピックとして飾ることができる。合体時の全高は約17.5センチ。

 ショッピングサイト「グッドスマイルオンラインショップ」で予約を受け付けている。

写真を見る全 13 枚

アニメ 最新記事