葬送のフリーレン:テレビアニメが2023年放送 記念イラスト公開に勇者ヒンメルも

「葬送のフリーレン」の記念イラスト(C)山田鐘人・アベツカサ/小学館/「葬送のフリーレン」製作委員会
1 / 2
「葬送のフリーレン」の記念イラスト(C)山田鐘人・アベツカサ/小学館/「葬送のフリーレン」製作委員会

 「マンガ大賞2021」で大賞に選ばれたことも話題のマンガが原作のテレビアニメ「葬送のフリーレン」が2023年に放送されることが分かった。原作の作画を担当するアベツカサさんによる記念イラストも公開された。勇者ヒンメルがテレビの画面のような魔法に写り、フリーレン、フェルン、シュタルクが冷静に見つめる姿が描かれている。

 「葬送のフリーレン」は、山田鐘人さん原作、アベさん作画のマンガで、「週刊少年サンデー」(小学館)で2020年4月に連載をスタート。勇者一行が魔王を倒した後の物語を描く“後日譚”ファンタジー。魔王を倒した勇者一行の魔法使いで、エルフゆえに長寿であるフリーレンが仲間の死を経験し、人を知るために旅をすることになる。コミックスが第9巻まで発売されており、累計発行部数は750万部以上。

 小学館のフェア「小コレ!」が12月1日にスタートし、参加書店で対象商品を購入すると、数量限定で切手風クリアカードセットをプレゼントする。クリアカードには「葬送のフリーレン」もラインアップする。

写真を見る全 2 枚

アニメ 最新記事