うる星やつら:第8話「転入生、危機一髪…/お別れパーティー危機一髪…」 ラン、レイ登場 声優は花澤香菜、小西克幸

「うる星やつら」の第8話「転入生、危機一髪…/お別れパーティー危機一髪…」の一場面(C)高橋留美子・小学館/アニメ「うる星やつら」製作委員会
1 / 6
「うる星やつら」の第8話「転入生、危機一髪…/お別れパーティー危機一髪…」の一場面(C)高橋留美子・小学館/アニメ「うる星やつら」製作委員会

 高橋留美子さんの人気マンガ「うる星やつら」の完全新作となるテレビアニメの第8話「転入生、危機一髪…/お別れパーティー危機一髪…」が、12月1日深夜からフジテレビの深夜アニメ枠「ノイタミナ」で放送される。第8話は、花澤香菜さんが演じるラムの幼なじみ・ラン、小西克幸さんが演じるランの憧れの人・レイが登場する。

 「転入生、危機一髪…」では、諸星あたるの通う高校にラムが転入する。時を同じくして、ラムの幼なじみで宇宙人のランも転入してくる。ランは、憧れの人・レイとラムが婚約していたことの憤りから、ラムに復讐(ふくしゅう)するためにあたるの若さを吸い取ると言い始める。

 「お別れパーティー危機一髪…」は、ランがラムへの復讐を諦めて星に帰るといい、あたるとラムを自宅でのお別れパーティーに招く。ラムがもてなしを怪しむ中、ランはあたるを偽物と入れ替えようともくろむ。成功したと思ったランは、またも若さを吸い取ろうとする。

 「うる星やつら」は、「めぞん一刻」や「らんま1/2」「犬夜叉」などでも知られる高橋さんの代表作の一つ。高橋さんは、1978年に「勝手なやつら」でデビューし、「うる星やつら」は1978~87年に「週刊少年サンデー」(小学館)で連載された。趣味はガールハントの高校生・諸星あたると、地球に来た鬼族の娘・ラムの日常が描かれた。テレビアニメがフジテレビ系で1981年10月~1986年3月に放送された。

 新作は、同作を刊行する小学館の創業100周年を記念して、原作のエピソードを選び抜き、全4クールでテレビアニメ化されることになった。神谷浩史さんが諸星あたる、上坂すみれさんがヒロイン・ラムを演じるほか、内田真礼さんや宮野真守さん、高木渉さん、沢城みゆきさん、花澤さん、小西さん、早見沙織さんら豪華声優が出演。1980年代に放送されたテレビアニメであたるを演じた古川登志夫さん、ラムを演じた平野文さんも出演。古川さんはあたるの父、平野さんはラムの母をそれぞれ演じる。

 「ジョジョの奇妙な冒険 黄金の風」などの高橋秀弥さん、木村泰大さんが監督を務め、david productionが制作する。

写真を見る全 6 枚

アニメ 最新記事