もののがたり:テレビアニメの門守家キャスト発表 大西沙織、金光宣明、田渕将平、高橋伸

「もののがたり」に登場する(左から)門守椿、門守大樹、門守松太、門守梅吉(C)オニグンソウ/集英社,もののがたり製作委員会
1 / 7
「もののがたり」に登場する(左から)門守椿、門守大樹、門守松太、門守梅吉(C)オニグンソウ/集英社,もののがたり製作委員会

 「ウルトラジャンプ」(集英社)で連載中のオニグンソウさんのマンガが原作のテレビアニメ「もののがたり」の追加キャストが発表され、大西沙織さん、金光宣明さん、田渕将平さん、高橋伸さんが出演することが分かった。京都を取り締まる武闘派集団の塞眼(さえのめ)京都守護の門守家(かどもりけ)のキャストで、大西さんが門守椿、金光さんが門守大樹、田渕さんが門守松太、高橋さんは門守梅吉をそれぞれ演じる。

 門守大樹の娘で無類の戦闘好きの門守椿を演じる大西さんは「(出演が決まり)とにかくうれしかったです……!! 少し裏話をすると、椿はオーディション当日に追加で受けさせていただいたキャラクターだったので、これも何かの運命だなぁと感じました!」とコメント。

 門守家の当主・門守大樹役の金光さんは「音響監督さんから『京都弁のパパ♪ とっても面白い作品で、とっても雰囲気のいい収録現場ですよ』と聞いていたので、出番が来るのを楽しみに待っていました」と話している。

 門守家の長男で説教を始めると数時間は終わらない“説教魔”の門守松太を演じる田渕さんは「事務所から連絡をいただいたとき、翌週から出番有りとのことだったので驚きました。と同時にとてもうれしかったです。周りはすごい方たちばかりで緊張もあり興奮したのも覚えております」と振り返った。

 門守家の次男の門守梅吉を演じる高橋さんは「早くやりたくて出番が待ち遠しかったです! 梅吉さんは個性派ぞろいの門守家のなかでは寡黙で抑えたせりふが多く、どう演じたら魅力的に伝わるだろうかと演技プランを考えながら、出番が来るまでワクワクしてました」と話している。

 「もののがたり」は、少年×少女×付喪神がテーマの絆と恋の物語。付喪神に大切な人を奪われた青年・岐兵馬(くなと・ひょうま)と、6人の付喪神と共生し家族として愛する少女・長月ぼたんが京都で出会い、共に暮らすことになる……というストーリー。

 アニメは「アイカツ!」シリーズなどの木村隆一さんが監督を務め、「五等分の花嫁」などの大知慶一郎さんがシリーズ構成を担当する。BN Picturesが制作する。大塚剛央さんが主人公・岐兵馬、高田憂希さんがヒロイン・長月ぼたんをそれぞれ演じる。2023年1月9日からTOKYO MX、BS11ほかで放送される。

写真を見る全 7 枚

アニメ 最新記事