北九州市 × JARC  SDGs債のエンゲージメントを実施

(左)北橋市長と(右)業務執行理事大久保との対談の様子
1 / 1
(左)北橋市長と(右)業務執行理事大久保との対談の様子

プレスリリース詳細 https://kyodonewsprwire.jp/release/202212060851

本プレスリリースは発表元が入力した原稿をそのまま掲載しております。詳細は上記URLを参照下さい。また、プレスリリースへのお問い合わせは発表元に直接お願いいたします。

~持続可能な社会の実現に貢献~

2022年12月6日

公益財団法人自動車リサイクル促進センター

 公益財団法人自動車リサイクル促進センター(所在地:東京都港区、代表理事:細田衛士、以下「JARC」)は、日本の地方自治体として初めてサステナビリティボンド*1を発行した北九州市とエンゲージメント(建設的な対話)を実施しました。

*1北九州市SDGs未来債  https://www.city.kitakyushu.lg.jp/zaisei/09000315.html

 2022年11月30日(水)に北九州市役所にて、北九州市長の北橋健治氏と本財団業務執行理事(CFO)大久保英明による対談形式で行われ、北九州市がSDGs債(北九州市SDGs未来債)の発行に込めた思いや目的、具体的な資金使途及びその実績について確認するとともに、OECDから選定された風力発電関連産業の総合拠点化をはじめとした「SDGs推進に向けた世界のモデル都市」としての北九州市の取組や今後のビジョンについても確認しました。

 JARCは、本年10月に北九州市が発行したサステナビリティボンドに2年連続で投資をしています。今回のエンゲージメントを通じて発行体をより深く理解するとともに、SDGs等に関わる諸課題の解決に向けた今後の協力関係も両者で確認することができました。

【画像:https://kyodonewsprwire.jp/img/202212060851-O1-wvTTghhh

【画像:https://kyodonewsprwire.jp/img/202212060851-O2-5UG6KXO8

<JARCのESG投資とエンゲージメント>

 JARCは、2000年に設立されて以来、資源の有効利用及び環境保全に寄与すべく、自動車のリサイクル及び適正処理の促進に関する事業等を実施しています。2018年からは、更に持続可能な社会の実現に貢献するために、自動車ユーザーから預託されたリサイクル料金の管理運用を実施する事業においてESG投資を開始しました。*2 2022年10月末時点で、SDGs債の投資残高は211億円となっています。

 また、JARCは、環境保全に関する事業を実施する公益法人として、債券の分野においてもエンゲージメントを拡げることが日本のサステナブルファイナンスにとって重要であると考え、発行体とのエンゲージメントを積極的に推進しています。*3

 

【表:https://kyodonewsprwire.jp/prwfile/release/M104563/202212060851/_prw_PT1fl_1Kz14088.png

*2 JARCのESG投資の方針    https://www.jarc.or.jp/automobile/designated-corp/fund/esg/

*3 発行体とのエンゲージメント https://www.jarc.or.jp/automobile/designated-corp/fund/engagement/

共同通信PRワイヤー 最新記事