呪術廻戦:ジャンフェスで“幕張事変”!? “五条”中村悠一が領域展開 “虎杖”榎木淳弥は“真人”島崎信長に黒閃!

「ジャンプフェスタ2023」の「呪術廻戦」のステージイベントの様子(C)SHUEISHA Inc. All rights reserved.
1 / 10
「ジャンプフェスタ2023」の「呪術廻戦」のステージイベントの様子(C)SHUEISHA Inc. All rights reserved.

 「週刊少年ジャンプ」(集英社)で連載中の芥見下々(あくたみ・げげ)さんのマンガが原作のテレビアニメ「呪術廻戦」のイベントが12月17日、幕張メッセ(千葉市美浜区)で開催中の「ジャンプフェスタ2023」内で行われ、虎杖悠仁(いたどり・ゆうじ)役の榎木淳弥さん、五条悟役の中村悠一さん、真人役の島崎信長さんが登場した。

 イベント冒頭では、ステージのスクリーン、音響効果で会場に“帳(とばり)”が降ろされたような演出があり、声優陣がイベントオリジナルの「幕張事変」の生アフレコを披露した。真人が会場に帳を下ろしたというストーリーで、五条が領域展開、無量空処を発動し、虎杖が真人に黒閃を放ち、幕張メッセの“危機”を救った。生アフレコ後にステージに声優陣が登場すると、観客の大きな拍手が巻き起こった。

 「呪術廻戦」は2018年から同誌で連載中。強力な“呪物”の封印が解かれたことで、高校生の虎杖悠仁が呪いを巡る戦いの世界に身を投じることになる……というストーリー。コミックスのシリーズ累計発行部数は7000万部以上。

 テレビアニメ第1期が2020年10月~2021年3月に放送された。第1期の前日譚(たん)となる劇場版「劇場版 呪術廻戦 0」が2021年12月に公開され、興行収入が約137億5000万円を記録するなど大ヒットした。テレビアニメ第2期は2023年7月からMBS・TBS系の全国28局で放送される。

写真を見る全 10 枚

アニメ 最新記事