戸田恵子:「ルパン三世VSキャッツ・アイ」に「幸せ」 色気があるルパンに「心を奪われた」

「ルパン三世VS キャッツ・アイ」のジャパンプレミアに登場した戸田恵子さん
1 / 1
「ルパン三世VS キャッツ・アイ」のジャパンプレミアに登場した戸田恵子さん

 故モンキー・パンチさんのマンガが原作の人気アニメ「ルパン三世」と北条司さんのマンガが原作のアニメ「キャッツ・アイ」がコラボしたアニメ「ルパン三世VSキャッツ・アイ」のジャパンプレミアが1月24日、TOHOシネマズ六本木ヒルズ(東京都港区)で行われ、「キャッツ・アイ」の来生瞳役の戸田恵子さんが登場した。「キャッツ・アイ」は1983年にテレビアニメ化されており、戸田さんは「40年近くたっているので、私たちを起用していただいて感謝の一言だと思っております」と話し、「思い出がたくさんある『キャッツ・アイ』で『ルパン三世』とコラボさせていただいて幸せいっぱいです」と思いを語った。

 コラボアニメでは、オリジナル版で故・藤田淑子さんが声優を務めたキャッツアイ3姉妹の長女・来生泪を深見梨加さんが演じ、オリジナルキャストである戸田さんが次女・来生瞳、坂本千夏さんが三女・来生愛、安原義人さんが瞳の恋人・内海俊夫の声優を務める。戸田さんは、1980年代のアニメでも3姉妹のキャストはとても仲が良かったといい、コラボアニメで「深見梨加さんがお姉ちゃんをやっていただいて心から感謝しています」とコメント。

 コラボアニメを通して、「ルパンはすごく色気のある人だなと感じました。とても格好いい大人だと感じました」とルパン三世の魅力を改めて感じたという。「本当にすてきな作品になっています。とてもルパンに心を奪われたという感じです」と話した。

 イベントには、ルパン三世役の栗田貫一さん、瀬下寛之監督も登場した。お笑いコンビ「森三中」がサプライズで登場し、「キャッツ・アイ」に登場する“伝説の3姉妹”キャッツアイのコスプレを披露した。

 同作は、「ルパン三世」のアニメ化50周年、「キャッツ・アイ」の原作の連載40周年を記念して制作。「キャッツ・アイ」連載当時の1980年代を舞台にしたクライムアクションで、“伝説の3姉妹”キャッツアイの父が遺(のこ)した3枚の絵を巡り、“泥棒”ルパンと“怪盗”キャッツアイが対決する。

 劇場版アニメ「GODZILLA」シリーズでタッグを組んだ静野孔文さん、瀬下さんが監督を務め、「ルパン三世」シリーズ、「名探偵コナン」などで知られるトムス・エンタテインメントが制作する。1月27日にアマゾンの動画配信サービス「Amazon Prime Video」で世界独占配信される。

アニメ 最新記事