ガンダムメタバースプロジェクト:ガンプラコロニーが10月テストオープン ガンプラスキャン ECショップも 将来的にはガンプラバトルも

「ガンダムメタバースプロジェクト」のイメージ(C)創通・サンライズ(C)創通・サンライズ・MBS
1 / 8
「ガンダムメタバースプロジェクト」のイメージ(C)創通・サンライズ(C)創通・サンライズ・MBS

 人気アニメ「ガンダム」シリーズの企画「ガンダムメタバースプロジェクト」の“ガンプラコロニー”が、10月にテストオープンすることが分かった。仮想空間が開放され、ガンプラのECショップがオープンする。組み立てたガンプラが仮想空間に現れるスキャン機能も搭載する予定。3月27日、オンラインで開催された発表会「ガンダムカンファレンスSPRING 2023」で発表された。

ウナギノボリ

 同プロジェクトは、バンダイナムコグループの「次なるガンダムの未来を作り上げていく柱となるプロジェクト」になるといい、アニメ、ガンプラ、eスポーツ、音楽などをテーマとした仮想空間がスペースコロニーとして登場する予定で、ガンプラコロニーがテストオープンすることになった。

 自動翻訳機能、テキスト、音声の変換機能の開発を進めており、世界中のガンダム、ガンプラのファンが言語の壁を越えてコミュニケーションを楽しめるようにするという。

 「ガンダムビルド」シリーズの新作として、同プロジェクトをイメージした映像「ガンダムビルドメタバース」が制作されることが分かった。YouTubeのガンダムチャンネルで10月に配信予定。

 発表会で、バンダイナムコグループのチーフガンダムオフィサー(CGO)の藤原孝史さんは、同プロジェクトについて「完成はありません。つねにアップデートしていきます」「将来的にはメタバースでガンプラバトルを」と語った。

写真を見る全 8 枚

アニメ 最新記事

MAiDiGiTV 動画