鈴木保奈美:唐沢寿明と「愛という名のもとに」以来31年ぶり共演 敏腕弁護士役で「フィクサー」出演

「フィクサー season2」のポスター=WOWOW提供
1 / 1
「フィクサー season2」のポスター=WOWOW提供

 俳優の鈴木保奈美さんが、唐沢寿明さん主演の連続ドラマ「フィクサー シーズン2」(WOWOW)に、唐沢さん演じるフィクサーに接触する弁護士役で出演することが明らかになった。唐沢さんと鈴木さんの共演は 1992年放送の連続ドラマ「愛という名のもとに」(フジテレビ系)以来約31年ぶり。

ウナギノボリ

 鈴木さんが演じるのは、東京都知事夫人の殺害未遂事件に巻き込まれた新聞記者の渡辺達哉(町田啓太さん)を弁護する杉谷菜穂子。鈴木さんは「都市伝説のように聞いたことはあるけれど、本当なのかしら、まさか、え、フィクサーは実在するの? 日本を陰で動かしているの? と、ワクワクしながら台本を読みました」とコメント。視聴者に向けて「ノンフィクションか、大うそか。頭脳の準備運動をしてからご覧ください。でないとアキレス腱切れますよ」と呼びかけている。

 石黒賢さん、真飛聖さんの出演も発表された。石黒さんは東京都知事・横宮三郎を、真飛さんは何者かに襲われ意識不明になる都知事夫人の横宮妃呂子を演じる。

 「フィクサー」は、陰謀渦巻く政界で政治家たちを手玉に取る設楽の暗躍に焦点を当てたストーリー。WOWOWプライム、WOWOW4K、WOWOWオンデマンドでシーズン1を放送・配信中。シーズン2は7月9日から毎週日曜午後10時に放送・配信する。

テレビ 最新記事

MAiDiGiTV 動画