SPY×FAMILY:劇場版アニメに銀河万丈、武内駿輔 フォージャー家を追い詰める最強の敵に

「劇場版 SPY×FAMILY CODE:White」に出演する銀河万丈(上段)と武内駿輔さん(C)2023「劇場版 SPY×FAMILY」製作委員会 (C)遠藤達哉/集英社
1 / 6
「劇場版 SPY×FAMILY CODE:White」に出演する銀河万丈(上段)と武内駿輔さん(C)2023「劇場版 SPY×FAMILY」製作委員会 (C)遠藤達哉/集英社

 集英社のマンガアプリ「少年ジャンプ+(プラス)」で連載中のマンガが原作のアニメ「SPY×FAMILY」の劇場版「劇場版 SPY×FAMILY CODE:White」(片桐崇監督、12月22日公開)に、声優として銀河万丈さん、武内駿輔さんが出演することが分かった。銀河さんは東西平和の転覆を目論む軍情報部の大佐で、目的達成のためには手段を選ばない冷酷非道なスナイデル、武内さんはスナイデル率いる軍情報部の秘密兵器で、圧倒的な戦闘力を誇る寡黙なタイプFを演じる。スナイデル、タイプFは、最強の敵としてフォージャー家を追い詰めることになる。

 銀河さんは「アーニャファンの皆さま、役どころとはいえ、この度の、余りにも大人げない私の振る舞いにつきましては、心よりおわび申し上げる次第でございます。いたいけな少女を、何もあそこまで……慚愧(ざんき)の念こらえ難く、夜な夜なきよめのお神酒にて、身も心も清め、戒めております。あ、幻覚が……もう一人私が……んな訳ないか。どうぞ皆さま、劇場にお運びの折りには、寛大なお心をもって、私の改心前の悪行非道、大目に見てやってくださいませ。P.S この作品は、必ずヒット致します。類いまれなるハナ利きのスナイデルが申し上げるのです。間違いございません」とコメントを寄せている。

 武内さんは「元々原作を読んでいたので、参加できてとても光栄でした。タイプF、クールな雰囲気バンバンですが、ド派手に戦います!! 男の子なら誰しも憧れる戦い方なこと間違いなしです。アフレコの際、(ヨル・フォージャー役の)早見(沙織)さんが『一緒に収録できてうれしい』と言ってくださり、その言葉を聞けただけで出演できたかいがあったなと思いました。皆様の楽しいクリスマスの時間を彩ること間違いなしの本作! ぜひ劇場にてご覧くださいませ」と話している。

 「SPY×FAMILY」は、2019年3月に「少年ジャンプ+」で連載をスタート。すご腕スパイが、任務のためにかりそめの家族を作り、新生活を始める……というストーリー。スパイの父、超能力者の娘、殺し屋の母が互いに正体を隠して生活することになる。テレビアニメのシーズン1の第1クールが2022年4~6月、第2クールが同10~12月に放送された。シーズン2が10月からテレビ東京ほかで放送される。

 劇場版は、完全新作のオリジナルエピソードとなる。敏腕諜報員の黄昏(たそがれ)ことフォージャー家の父・ロイドが、いつものようにオペレーション<梟(ストリクス)>の任務にあたっていたところ、担当変更の知らせが届く。娘・アーニャが通うイーデン校では星(ステラ)を賭けた調理実習が開催されることになる。ロイドは、ステラをゲットし任務継続を交渉するため、世界の平和を守るため、調理実習の審査員長でもあるイーデン校の校長の好物であるフリジス地方の伝統菓子・メレメレを作ることをアーニャに提案。本場の味を確かめるため、フォージャー家は全員で家族旅行に出かけることになる。

写真を見る全 6 枚

アニメ 最新記事