機動戦士ガンダムSEED FREEDOM:勢力図公開 あらすじも ラクスが世界平和監視機構コンパス初代総裁に キラ、シンも所属

「機動戦士ガンダムSEED FREEDOM」の勢力図(c)創通・サンライズ
1 / 6
「機動戦士ガンダムSEED FREEDOM」の勢力図(c)創通・サンライズ

 人気アニメ「ガンダム」シリーズの「機動戦士ガンダムSEED」の完全新作となる劇場版「機動戦士ガンダムSEED FREEDOM」の勢力図が公開され、キラ・ヤマトやシン・アスカが、ラクス・クラインを初代総裁とする世界平和監視機構・コンパスで活動していることが明らかになった。新作の舞台となるC.E.(コズミック・イラ)75では戦いがまだ続いており、独立運動、ブルーコスモスによる侵攻などを沈静化するべく、コンパスが創設され、キラたちは各地の戦闘に介入している。コンパスは、新キャラクターのアウラ・マハ・ハイバルらの新興国・ファウンデーションから、ブルーコスモス本拠地への合同作戦を提案されることになる。

ウナギノボリ

 新キャラクターのトーヤ・マシマはオーブ所属で、コンパスにはルナマリア・ホーク、マリュー・ラミアス、ムウ・ラ・フラガ、新キャラクターのアグネス・ギーベンラートらも所属する。勢力図には、ターミナルのアスラン・ザラ、メイリン・ホーク、ザフトのイザーク・ジュール、ディアッカ・エルスマンも描かれている。

 新作のメインビジュアルも公開された。キラとラクスが背を向け、アスラン、シン、ライジングフリーダムガンダム、イモータルジャスティスガンダムも描かれている。「私の中にあなたはいます。 あなたの中に私はいますか?」というメッセージも添えられている。

 「機動戦士ガンダムSEED」は、地球連合軍と武装組織ザフトの戦争が混迷を極める中、中立コロニーのヘリオポリスで暮らすコーディネイターの少年キラ・ヤマトが戦いに巻き込まれる……というストーリー。2002年10月~2003年9月に放送され、“21世紀のファーストガンダム”とも呼ばれている。これまでの「ガンダム」シリーズのファンに加え、多くの女性層を獲得し、最高視聴率8.0%を記録。続編「機動戦士ガンダムSEED DESTINY」が2004年10月~2005年10月に放送され、最高視聴率8.2%を記録した。ガンプラ(プラモデル)も好調で、小学生を中心に“第二次ガンプラブーム”を巻き起こした。シリーズの累計パッケージ販売数は400万本以上。

 「機動戦士ガンダムSEED FREEDOM」は「機動戦士ガンダムSEED DESTINY」の続編で、福田己津央監督らテレビアニメのスタッフが再集結する。2024年1月26日に公開される。

 ◇キャスト(敬称略)

 キラ・ヤマト:保志総一朗▽ラクス・クライン:田中理恵▽アスラン・ザラ:石田彰▽カガリ・ユラ・アスハ:森なな子▽シン・アスカ:鈴村健一▽ルナマリア・ホーク:坂本真綾▽メイリン・ホーク:折笠富美子▽マリュー・ラミアス:三石琴乃▽ムウ・ラ・フラガ:子安武人▽イザーク・ジュール:関智一▽ディアッカ・エルスマン:笹沼晃▽アグネス・ギーベンラート:桑島法子▽トーヤ・マシマ:佐倉綾音 /アレクセイ・コノエ:大塚芳忠▽アルバート・ハインライン:福山潤▽ヒルダ・ハーケン:根谷美智子▽ヘルベルト・フォン・ラインハルト:楠大典▽マーズ・シメオン:諏訪部順一▽アウラ・マハ・ハイバル:田村ゆかり▽オルフェ・ラム・タオ:下野 紘▽シュラ・サーペンタイン:中村悠一▽イングリット・トラドール:上坂すみれ▽リデラード・トラドール:福圓美里▽ダニエル・ハルパー:松岡禎丞▽リュー・シェンチアン:利根健太朗▽グリフィン・アルバレスト:???

 ◇スタッフ(敬称略)

 企画・制作:サンライズ▽原作:矢立肇、富野由悠季▽監督:福田己津央 ▽脚本:両澤千晶、後藤リウ、福田己津央▽キャラクターデザイン:平井久司▽メカニカルデザイン:大河原邦男、山根公利、宮武一貴、阿久津潤一、新谷学、禅芝、射尾卓弥、大河広行▽メカニカルアニメーションディレクター:重田智▽色彩設計:長尾朱美▽美術監督:池田繁美、丸山由紀子▽CGディレクター:佐藤光裕、櫛田健介、藤江智洋▽モニターワークス:田村あず紗、影山慈郎▽撮影監督 葛山剛士、豊岡茂紀▽編集:野尻由紀子▽音響監督:藤野貞義▽音楽 佐橋俊彦▽製作 バンダイナムコフィルムワークス▽配給:バンダイナムコフィルムワークス、松竹

写真を見る全 6 枚

アニメ 最新記事