ぼっち・ざ・ろっく!:結束バンドが振り返るライブ「恒星」 青山吉能「やり切った」

「ぼっち・ざ・ろっく!」のライブイベント「結束バンドLIVE-恒星-」の劇場上映を記念したイベントに登場した(左から)青山吉能さん、鈴代紗弓さん、水野朔さん、長谷川育美さん(c)はまじあき/芳文社・アニプレックス
1 / 5
「ぼっち・ざ・ろっく!」のライブイベント「結束バンドLIVE-恒星-」の劇場上映を記念したイベントに登場した(左から)青山吉能さん、鈴代紗弓さん、水野朔さん、長谷川育美さん(c)はまじあき/芳文社・アニプレックス

 「まんがタイムきららMAX」(芳文社)で連載中のはまじあきさんの4コママンガが原作のテレビアニメ「ぼっち・ざ・ろっく!」のライブイベント「結束バンドLIVE-恒星-」の劇場上映を記念したイベントが11月19日、新宿バルト9(東京都新宿区)で開催された。劇中バンド「結束バンド」のメンバーの声優の青山吉能さん、鈴代紗弓さん、水野朔さん、長谷川育美さんが登場し、がライブを振り返った。

 ライブイベントは5月21日にZepp Haneda (TOKYO)(東京都大田区)で開催され、ライブの映像を収録したブルーレイディスク&DVDが11月22日に発売される。同映像が11月17~30日に劇場上映されることになった。

 後藤ひとり役の青山さんは「私にとっても思い出に残るしかないライブになったので、改めてとっても大きなスクリーンと素晴らしい音響で楽しめることをうれしく思っています。観客の皆さんと共有できることもうれしいので、心高めていただけたら」と思いを語った。

 ライブで、青山さんはバンド「ASIAN KUNG-FU GENERATION」の楽曲「転がる岩、君に朝が降る」をカバーし、ギター演奏も披露した。青山さんの姉は「ぼっち・ざ・ろっく!」「ASIAN KUNG-FU GENERATION」の大ファンで、青山さんの姿を見て号泣したといい、「感慨深かったし、やり切った感じが本当にありました。今思い出しても、姉がいたら泣いちゃうかもしれない」と話した。

 伊地知虹夏役の鈴代さんは「1年前の10月からアニメが開始されて『ぼっち・ざ・ろっく!です。』のイベントの時も歌いましたが、今回のライブでは、さらにもう一段階ボルテージがマックス×マックス!限界突破!するくらいの気持ちでやらせていただいて、ライブだからできた空気感があった」と語り、山田リョウ役の水野さんは「ライブ上映はなかなかない機会だと思うので、私も客席側から見られることがすごくうれしくて。応援上映も絶対行きたいなという気持ちです。そのくらい最高のライブになりました! あまり記憶がなくて。何かを歌ったのと、何かをしたのは覚えているけど、実はライブでのトークをあまり覚えていなくて。人ってテンションが上がると記憶が飛ぶんだな」と振り返った。

 喜多郁代役の長谷川さんは「今回のイベントの話をいただく前からライブイベントをやりたかったので、お話をいただいて、リハが始まった時から本当に楽しかったんです。でもイベントが終わって両親の元に行った瞬間、涙が止まらなくて。気づいてなくても背負うものが大きかったと後から気づくくらい、大きな挑戦になりました。本当に最高のライブでした」と明かした。

 ライブで印象に残っている楽曲が話題になると、青山さんは「結束バンドの曲の中で特に好きな曲が、『小さな海』です。バラードで、あまりない曲調なので、セットリストにどう組み込むかが気になっていて。ライブで聴いてみると、純粋に曲がいいし、ライブで聴いてさらに好きになった」とコメント。 

 鈴代さんは悩みながら「光の中へ」を選び、「結束バンドの新しい一面が見られる。情景がより広がる音楽で。今でも毎日聴いています! 映像と共に見れるのもさらに良かったです」と熱い思いを語り、長谷川さんも「私も『光の中へ』が好きです。実際は全曲好きなんだけど、ライブで歌って完成した感じがしていて。新曲ということもあって、『結束バンドLIVE-恒星-』の中でも特に印象が残っている」とうなずいた。

 水野さんは「『星座になれたら』が一番好きです! ステージで、(長谷川)育美さんのボイスで生で聴けるというだけで、テンションマックスだったのに、実際に聞くと好きがあふれすぎて泣いちゃいました。超格好よかったです」と話した。

 長谷川さんは「結束バンド初のワンマンライブということで、始まってから終わるまで本当に楽しくて。ステージ上で楽しい!と思ってやっていたら、お客さんも楽しそうで、それを見てまた楽しくなって! 幸せスパイラルが起こっていました。かけがえのない最高の時間だったので、劇場で見ていただけるのは、とんでもなく幸せなことだなと思っています」と話し、水野さんは「このライブは一生の思い出と言えるくらい、すてきで大切な思い出となっています。そのライブをもう一度、感じていただけるのはうれしいことだなと思っています。皆様にとっても、思い出になるであろう、最高のライブなので、ぜひたくさん楽しんでいただけるとうれしいです」と呼びかけた。

 鈴代さんは「みんなと話していると、あの時の光景が今でも浮かんでくるんです。あの光景を結束バンドのメンバーが実際に見たらどう思うのかな?と想像も膨らみますし、見るたびに気持ちが温かくなる作品です。毎日、こんな作品に出会うことができてうれしいなと思っています。皆様にも“好き”という気持ちを持ち続けていただけたら」と願った。

 最後に青山さんは「放送から一年たって、まだ『後藤ひとり役の青山吉能です』と言わせてもらえるのがうれしいです。今回はライブの劇場上映ということで、結束バンドはこんなにも曲に恵まれているのに、ワンマンライブは一度だけ。この奇跡感、そして一夜だけの輝きみたいなものがあったのかなと思うと、本当にうれしいです。これからもたくさん愛していただけるよう、ぜひ温かい応援をお待ちしております!」と呼びかけた。

 「ぼっち・ざ・ろっく!」は、2018年から連載中の音楽マンガ。ギターを愛する孤独な少女・後藤ひとりが、ひょんなことから伊地知虹夏が率いる結束バンドに加入することになる……というストーリー。テレビアニメは、斎藤圭一郎さんが監督を務め、CloverWorksが制作した。2022年10~12月に放送された。劇場総集編の前編「劇場総集編ぼっち・ざ・ろっく! Re:」が2024年春、後編「劇場総集編ぼっち・ざ・ろっく! Re:Re:」が同年夏に公開される。

写真を見る全 5 枚

アニメ 最新記事