鬼滅の刃:「柱稽古編」第2話視聴率6.1% 冨岡義勇の過去が明らかに 錆兎登場

「鬼滅の刃」のコミックス第15巻のカバー
1 / 1
「鬼滅の刃」のコミックス第15巻のカバー

 吾峠呼世晴(ごとうげ・こよはる)さんの人気マンガが原作のアニメ「鬼滅の刃」の新作テレビアニメ「柱稽古編」の第2話「水柱・冨岡義勇の痛み」が、フジテレビ系で5月19日午後11時15分から放送され、平均視聴率(関東地区、ビデオリサーチ調べ・以下同)は世帯6.1%、個人3.6%だった。第2話では、水柱・冨岡義勇の過去が明らかになり、回想シーンに錆兎(さびと)が登場。X(旧ツイッター)では、「義勇さん」「冨岡さん」「早食い勝負」といった関連ワードがトレンド入りし、話題になった。

ウナギノボリ

 「柱稽古編」は、鬼の始祖・鬼舞辻無惨(きぶつじ・むざん)との戦いに備え、鬼殺隊の最強の剣士・柱による柱稽古が描かれる。第2話は、珠世(たまよ)の元に突如現れた鬼殺隊のお館様こと産屋敷耀哉(うぶやしき・かがや)の鎹烏(かすがいがらす)が、鬼である珠世を鬼殺隊の本拠地へ誘うシーンが描かれた。一方、その頃、蝶屋敷で休養中の竈門炭治郎の元に耀哉から手紙が届く……と展開した。

 フジテレビ系で毎週日曜午後11時15分に放送中。

アニメ 最新記事