「響け!ユーフォニアム3」のあらすじ
(毎話紹介)の記事一覧 過去の関連記事も掲載

最終更新
記事

この「響け!ユーフォニアム3 あらすじ」ページは「響け!ユーフォニアム3」のあらすじ記事を掲載しています。

最新あらすじ記事

響け!ユーフォニアム3:第12話「さいごのソリスト」 最後の演奏に向けてステージへ

「響け!ユーフォニアム3」の第12話「さいごのソリスト」の一場面(c)武田綾乃・宝島社/『響け!』製作委員会2024

 武田綾乃さんの小説が原作のテレビアニメ「響け!ユーフォニアム」の第3期「響け!ユーフォニアム3」の第12話「さいごのソリスト」が、NHK・Eテレで6月23日午後5時に放送される。

 全国大会メンバーを決めるオーディション結果が発表され、久美子は、顧問の滝昇にあることをを申し出る。北宇治高校吹奏楽部は実力主義。久美子は、最後の演奏に向けてステージに立つ。

 「響け!ユーフォニアム」は、北宇治高校の吹奏楽部を舞台に、ユーフォニアム担当の黄前久美子ら吹奏楽部員が成長する姿を描いている。テレビアニメ第1期が2015年4~6月、第2期が2016年10~12月に放送された。

 最終章となる「響け!ユーフォニアム3」は、高校3年生になり、北宇治高校吹奏楽部の部長に就任した久美子の高校生活最後の熱い青春が描かれる。これまでのシリーズに続き、石原立也さんが監督を務め、花田十輝さんがシリーズ構成、池田晶子さん、池田和美さんがキャラクターデザインを担当。京都アニメーションが制作する。

「響け!ユーフォニアム3」 あらすじ関連記事一覧

- 広告 -
- 広告 -
- 広告 -
- 広告 -
- 広告 -