MANTANWEB(まんたんウェブ)

動画

「北斗が如く」ケンシロウの声は“桐生一馬” 原哲夫も収録に立ち会い 「北斗が如く」発表会2

視聴回数4190

 セガの人気ゲーム「龍が如く」シリーズの開発チーム「龍が如くスタジオ」が、人気マンガ「北斗の拳」と「龍が如く」のコラボレーションタイトル「北斗が如く」を制作することが8月26日、明らかになった。東京都内で同日に行われた新作タイトル発表会で、「龍が如く」シリーズ総合監督の名越稔洋さんが発表した。完全オリジナルストーリーで、主人公・ケンシロウの声は、同ゲームの主人公・桐生一馬役でおなじみの黒田崇矢さんが担当、PS4で2018年に発売予定。

 ゼネラルプロデューサーの佐藤大輔さんは「(『龍が如く』シリーズの)ノウハウを生かして、何か新しいことができないかと考えるようになって、今回のコラボのアイデアが出て、実現している真っ最中。原作の人気キャラはもちろん、オリジナルキャラも(作画の)原(哲夫)先生にデザインしていただく」と明かした。また、「『こんなケンシロウ見たことない』がコンセプト」といい、「龍が如く」の出演声優を起用したり、ユニークなミニゲームを追加したりと、同ゲームとの関連性も随所にちりばめるという。

 ケンシロウの声を担当することになった黒田さんは「まさかのまさかで、『ええっ!?』って尋常じゃない声が出た。うれしいだけですね。ずっとケンシロウを演じたいと思っていた。(オファー時から)思い出せる限りのせりふを練習しました」と喜びをにじませていた。

 「龍が如く」は、架空の歓楽街を舞台にさまざまな人間ドラマを描いた人気ゲームシリーズ。同シリーズは2005年12月に第1作が発売され、シリーズ累計800万本超を販売。映画化、舞台化もされている。

動画アーカイブ

まとめタグ

このページのトップへ戻る