動画

市川海老蔵、「スター・ウォーズ」完結編「本当に終わるんですか?」 「スター・ウォーズ歌舞伎」で長男・勸玄と共演

視聴回数7645

 歌舞伎俳優の市川海老蔵さんが11月28日、自身が主演・監修を務めた人気SF映画「スター・ウォーズ」シリーズの世界観を歌舞伎と融合させた「スター・ウォーズ歌舞伎~煉之介光刃三本~(れんのすけこうじんさんぼん)」を東京都内で上演した。開演前に行われた舞台あいさつで海老蔵さんは、「これで本当に終わるんですか?」と12月20日に公開されるシリーズ完結編「スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明け」(J・J・エイブラムス監督)に言及。「最後の映画だと言われていますが、終わるのであれば正義に勝ってもらいたいと思う」と希望するも、「でもそうじゃないかもしれないところが見どころでもありますよね」と「スター・ウォーズ」シリーズならではの魅力を語り、公開を心待ちにしていた。

 「スター・ウォーズ歌舞伎」は、シリーズ完結編の公開を記念した1日限りのパフォーマンス。海老蔵さんが、ダース・ベイダーの遺志を受け継ぎ、銀河の圧倒的支配者となった魁煉之介(かい・れんのすけ)を演じ、「スター・ウォーズ/フォースの覚醒」と「スター・ウォーズ/最後のジェダイ」のポイントとなる3シーンを3部構成で描く。長男の堀越勸玄(ほりこし・かんげん)君が、海老蔵さん演じるカイロ・レンこと魁煉之介の幼少期を演じることも話題を集めていた。

 舞台あいさつには勸玄君も登場。「頑張ります!」と宣言していた勸玄くんは第3場に出演し、せりふは少なめながらも堂々とした姿で会場から拍手喝采を浴びていた。そんな勸玄君について、海老蔵さんは、「『スター・ウォーズ』をよく見ています。勸玄は不思議と昔作った方が好きみたい。古い映像の方が見入っていますね」と話し、公開を心待ちにしている完結編を親子3人で見に行くか聞かれると、「はい」と笑顔でうなずいていた。

 「スカイウォーカーの夜明け」は、「新たなる希望」から続くシリーズの幕引きとなる作品。祖父ダース・ベイダーの遺志を受け継ぎ、銀河の圧倒的支配者となったカイロ・レン、伝説のジェダイ、ルーク・スカイウォーカーの思いを受け継ぎ、フォースの力を覚醒させたレイたちの活躍が描かれる。ハン・ソロの永遠の好敵手、ランド・カルリジアンが、「スター・ウォーズ エピソード6/ジェダイの帰還」以来、再登場する。

動画アーカイブ

PHOTO

このページのトップへ戻る