MANTANWEB(まんたんウェブ)

動画

スカーレット・ヨハンソン、実写版「攻殻機動隊」少佐役に「感情的、肉体的にも大変」 映画「ゴースト・イン・ザ・シェル」来日記者会見2

視聴回数6304

 米女優のスカーレット・ヨハンソンさんが3月16日、東京都内で開かれた映画「ゴースト・イン・ザ・シェル」(4月7日公開)の来日記者会見に登場した。全身義体で世界最強の女性である少佐役を演じたヨハンソンさんは「感情的、肉体的にも大変で、困難な仕事だった。人として、役者として学べたので感謝している」と振り返った。

 会見には、ヨハンソンさんのほかに、少佐の上司・荒巻役のビートたけしさん、少佐の“懐刀”バトー役のピルー・アスベックさん、オリジナルキャラ「オウレイ博士」役のジュリエット・ビノシュさん、ルパート・サンダース監督が出席した。

 ヨハンソンさんは「初めてアニメーションを見たとき、自分の中で(キャラクターが)見えていなかった。ただ興味はあって、監督の考えている世界観、作品に敬意を持ちながら彼女(少佐)の人生見ていくと、否定できないものになり、脳から離れなくなった」と説明。さらに「これだけ愛されている作品ですし、責任も感じている。それだけとても大きな体験ができた作品になっている」と話した。

 映画「ゴースト・イン・ザ・シェル」は、士郎正宗さんのマンガが原作の人気アニメ「攻殻機動隊」を実写化したハリウッド映画。近未来の電脳化社会を舞台に、少佐(ヨハンソンさん)が率いるエリート捜査組織「公安9課」がサイバーテロ組織と対決し、捜査をするうちに自分の記憶が操作されたことに気づく……というストーリー。

動画アーカイブ

まとめタグ

このページのトップへ戻る