MANTANWEB(まんたんウェブ)

動画

中村ゆりか主演、親友役で葵わかなも 伝説のウェブマンガ「ラーメン食いてぇ!」が実写映画化

視聴回数3735

 PV数が100万回以上という林明輝さん原作のウェブマンガ「ラーメン食いてぇ!」が実写映画化されることが分かった。映画は祖父のラーメン作りを継ぐことで生きる希望を見つけ、ラーメン屋復活に奔走する女子高生の物語。主人公の茉莉絵を中村ゆりかさん、茉莉絵の親友・コジマをNHK連続テレビ小説「わろてんか」に出演中の葵わかなさんが演じる。

 茉莉絵の祖父でラーメン店の店主を石橋蓮司さん、キルギスの高原で遭難した料理評論家を片桐仁さんが務め、若手クリエーターの熊谷祐紀さんがメガホンをとる。映画化発表と同時にポスタービジュアルと予告編も公開された。予告編は友人に裏切られ、人生の岐路に立った中村さんがラーメンを作ることに情熱を持ちはじめ、そこからはい上がっていく姿が収められている。

 主人公を演じた中村さんは「この作品に参加させてもらうことで、ラーメン作りの工程を教わるなど、とても貴重な経験をさせていただきました。ひとつのラーメンから生きる力をもらうほどです。全力に真剣で、そしてとても熱い物語だと思います。ご飯を感謝していただく大切さ、人の思いやりが伝わってくるような映画です。皆さまに、ぜひ見てもらえたらうれしいです」とコメント。

 原作のイメージに合わせ、髪を20センチカットして撮影に挑んだ葵さんは「ラーメンの湯切りをたくさん練習したのを覚えています。意外とひらざるが重たくて手首が痛くなっていた日々でした」と振り返ったが、「撮影も寒かったりと大変なこともありましたが、ゆりかちゃんと一緒に楽しみながらやらせていただきました。青春と人生とラーメンの融合、シュールな世界観を楽しんでいただけたらと思います」とアピールした。

 映画は、ラーメン作りのベストパートナーだった妻を亡くし、店をたたむ決意をしたラーメン店店主の紅(石橋さん)。新疆ウイグル自治区でのテレビ取材中、事故に遭い、一人で荒野をさまようはめになった料理研究家の赤星(片桐さん)。心ない高校の同級生の噂が元で、自殺を考える女子高生の茉莉絵(中村さん)。一杯のラーメンが、こんな3人を思わぬ形で結びつけ、変えていく……というストーリー。2018年3月3日から全国公開される。

動画アーカイブ

まとめタグ

このページのトップへ戻る