月刊少年ガンガン:「鋼の錬金術師」最終回の7月号完売 ネットオークションで定価の6倍以上

「月刊少年ガンガン」7月号の表紙
1 / 1
「月刊少年ガンガン」7月号の表紙

 人気マンガ「鋼の錬金術師」の最終回が掲載された雑誌「月刊少年ガンガン」7月号(540円)が完売していることが分かった。インターネットのオークションサイトでは、約6倍の3000円以上の値段がついている。

 同誌を発行しているスクウェア・エニックスは人気作の最終回を迎えるのに合わせ、前月の2割増の部数にして11日に発売したが、14日にはほぼ品切れで、現在は完売しているという。最終回では、ページ数が通常の倍となる110ページ以上で、作者のサインが入った卓上時計「メモリアルクロック」が付いていた。

 「鋼の錬金術師」は、荒川弘さんが01年から同誌で連載を始めたマンガ。錬金術が科学のように発達した世界で、禁じられた「人体錬成」に挑んで失敗し、体を奪われたエドとアルの兄弟が、失った体を取り戻すために軍事国家の手先となり、「賢者の石」を探す旅に出る……というストーリー。コミックスは1~25巻で4200万部を発行した。03年にMBS・TBS系でアニメ化されて人気を博し、劇場版アニメも製作。09年4月からは新シリーズのアニメが放送されており、7月4日の放送でアニメも完結を迎える。(毎日新聞デジタル)

マンガ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

このページのトップへ戻る