小川真奈:初詣でモテ祈願 つんく♂THEATERで「めちゃモテ委員長」に

 女子小学生らに大人気のアニメ「極上!!めちゃモテ委員長」を初舞台化した「めちゃモテ劇場」の公開ゲネプロが6日、東京都品川区の六行会(りっこうかい)ホールで行われ、ヒロイン北神未海(きたがみ・みみ)役の小川真奈さんらキャストが会見した。小川さんは「役ではみんなを“モテ子”に変身させていくんですけど、私自身はまだまだ“モテ子”になりきれてない。いつも地味な色の服を着ちゃうので、2011年は派手な色にも挑戦したいですね。初詣では、モテるようにもお願いしてきました」と笑顔を見せた。

 「めちゃモテ劇場」は、つんく♂さんプロデュースの舞台「つんく♂THEATER」の第9弾で、小川さんのほか、アイドルグループ「キャナァーリ倶楽部」や「THEポッシボー」のメンバーらも出演。小川さん演じる未海は、MM学園の合唱部とともに「新春めちゃモテライブ」を行うことになるが、そこに「モテ」に反対する謎の3人組が現れて……という涙あり笑いありのストーリーで、歌やダンスも満載の舞台だ。

 合唱部のメンバー「あっきゃん」を演じる「THEポッシボー」の秋山ゆりかさんは「ドジッ子で印象に残る役なので、自分なりに表現して『あっきゃん』という役を頭に残して帰ってもらえたらいいな」と笑顔で話すと、未海らと対決する役どころの橋本愛奈さんも「今回は委員長の敵、嫌われる役。こういう役は初めてだったので、言い慣れないセリフがたくさんあった。本番もかまずにノーミスで行きたい」と意気込んだ。小川さんも「舞台に立ったら気持ちも切り替わった。この調子で本番もがんばっていきたいです」と気を引き締めていた。

 「極上!!めちゃモテ委員長」は、にしむらともこさんが月刊少女マンガ誌「ちゃお」(小学館)で連載中のマンガで、テレビ東京系でアニメ化されている。主人公はモテる女の子「モテ子」を目指すクラス委員長で完璧主義の女子高生・北神未海。あこがれの東條潮くんへの告白はできないでいるが、他人には完璧な助言をして悩みを解決する……というラブストーリー。小川さんはアニメ版で未海の声を演じるほか、実写コーナーにも登場して人気を集めている。

 舞台は6~10日の5日間で全16公演を予定している。(毎日新聞デジタル)

芸能 最新記事

MAiDiGiTV 動画

このページのトップへ戻る