MANTANWEB(まんたんウェブ)

坂上二郎さん死去:「一人で泣かせて…」涙をこらえて欽ちゃん会見 コント55号「心の中では不滅」

芸能
亡くなった坂上二郎さんについて語る萩本欽一さん=2011年3月10日羽田空港で

 お笑いコンビ「コント55号」で一時代を作った坂上二郎さんが10日、脳梗塞(こうそく)のため栃木県内の病院で亡くなった。76歳だった。相棒の萩本欽一さんが同日、羽田空港で会見を開いた。萩本さんは坂上さんとの思い出を語り、「二郎さんが亡くなって、泣きたいけどテレビの前では……。二郎さんは僕の二郎さんだから。二郎さんと2人で……。一人で泣かせてもらいます」と涙をこらえていた。 

 坂上さんは1953年、NHKのど自慢コンクール(歌謡曲の部)で鹿児島代表として、九州大会に出場。翌年、コメディアンの内海突破に弟子入り、57年に安藤ロールの芸名で東宝名人会に出演、島倉千代子さんの専属司会を務める。その後、萩本さんと知り合い、1966年に「コント55号」を結成。「コント55号の裏番組をぶっとばせ!」の野球拳などで一躍脚光を浴び、「飛びます、飛びます」などのギャグと、萩本さんのむちゃな要求にひょうひょうと応える姿が人気を集めた。その後もドラマ「夜明けの刑事」(TBS)で主演するなど俳優としても活躍した。

 萩本さんはロケ先の富山で悲報を聞いたといい、「(コント55号の)幕が閉まりました。天国へ持って行きました。心の中では不滅ですけど」と語り、「二郎さんはきっとありがとうって、手を振りながら天国へ行ってます」とファンへメッセージを送っていた。(毎日新聞デジタル)

芸能 最新記事

MAiDiGiTV 動画

最新動画

まとめタグ

このページのトップへ戻る