AKB48:前田敦子、ソロデビュー 映画「もしドラ」挿入歌「Flower」 握手会でサプライズ発表

映画 アイドル
ソロデビューが決まった「AKB48」の前田敦子さん

 アイドルグループ「AKB48」の前田敦子さん(19)が23日、名古屋ドーム(名古屋市東区)で行われた「AKB48」の20枚目シングル「桜の木になろう」の全国握手会イベント「“AKB48祭り”Powered by『ネ申テレビ』」のイベント内で、6月22日にソロデビューすることを発表した。メンバーのソロデビューは板野友美さん(19)に続く2人目。

 デビューシングル「Flower」は、6月4日に公開される前田さん主演の映画「もし高校野球の女子マネージャーがドラッカーの『マネジメント』を読んだら」(田中誠監督)の挿入歌にも起用されている。同映画は、主人公の川島みなみ(前田さん)が、野球部を甲子園に連れていくために、ドラッカーの経営書「マネジメント」の精神や理論を生かし、野球部の改革に乗り出す……という物語。累計発行236万部を超えた岩崎夏海さんの小説が原作で、10年12月に「スーパージャンプ」(集英社)でマンガ化され、テレビアニメもNHK総合で25日から放送される。映画の主題歌には、同グループの21枚目シングル「Everyday、カチューシャ」も起用されている。

 握手会はシングル発売と、24日にスタートするCS放送「ファミリー劇場」の「AKB48 ネ申テレビ シーズン6」の放送を記念して開催。「ネ申テレビ」は、“むちゃぶり”指令をメンバーがクリアしていく08年から続くリアルドキュメントバラエティー番組で、イベントでは番組にちなんだ“むちゃぶり”トークとミニライブが行われ、前田さんのほか大島優子さん、板野友美さん、篠田麻里子さんらメンバー16人が参加した。「ネ申テレビ」の最新シリーズは、CSのチャンネル「ファミリー劇場」で24日から毎週日曜午後6時に放送予定。(毎日新聞デジタル)

映画 最新記事

MAiDiGiTV 動画

最新動画

PHOTO

このページのトップへ戻る