MANTANWEB(まんたんウェブ)

瑛太:疾走シーンで酸素ボンベ 松田龍平は「速いです」と自慢 映画「多田便利軒」舞台あいさつ

ブック 映画
映画「まほろ駅前 多田便利軒」の舞台あいさつに登場した(左から)大森立嗣監督、瑛太さん、松田龍平さん

 俳優の瑛太さん(28)と松田龍平さん(27)が23日、初日を迎えた映画「まほろ駅前 多田便利軒」(大森立嗣監督)の舞台あいさつを行った。瑛太さんは走るシーンの撮影で「けっこう走りました。制作の人に酸素ボンベを持ってきてもらいました」と明かし、松田さんは「(走るのは)速いです。結構う自慢です」と笑みを見せた。

 「多田便利軒」は、累計50万部を超えた三浦しをんさんの直木賞受賞作が原作。外伝「まほろ駅前番外地」が刊行され、現在、週刊文春で続編「まほろ駅前狂騒曲」が連載されている。まほろ市で便利屋を営む多田啓介と、多田の元に居候を始めた同級生の行天春彦の痛快で心温まる物語。映画はまじめでしっかり者の多田を瑛太さんが演じ、多田がバス停で出会った中学時代の同級生・行天を松田さんが演じる。

 同作には大森監督の父で、俳優で舞踏家の麿赤兒(まろ・あかじ)さん、弟で俳優の大森南朋さんも出演。瑛太さんは「麿さんがいて、その奥に大森監督がいて、親子に見られながら芝居をするのはなかなかない経験だなと思った。(大森)南朋さんはずっと監督に『ハイ、ハイ』って言って敬語だった」と明かし、舞台あいさつに登場した大森監督を苦笑いさせていた。また瑛太さんは「続編が見たいという声も聞いている。みなさんがあと5回見ていただければ、続編につながるかも」とアピールしていた。(毎日新聞デジタル)

ブック 最新記事

MAiDiGiTV 動画

最新動画

まとめタグ

このページのトップへ戻る