島崎和歌子:肌年齢は女子高生レベル 「きれいでしょ?」と“地デジ肌”宣言 美容食品PRイベント

「パーフェクトアスタコラーゲン2011」PRイベントに登場した島崎和歌子さん
1 / 1
「パーフェクトアスタコラーゲン2011」PRイベントに登場した島崎和歌子さん

 タレントの島崎和歌子さん(38)が、アサヒフードアンドヘルスケアが販売する粉末美容食品「パーフェクトアスタコラーゲン」のリニューアルを機にイメージキャラクターに起用され16日、青山スパイラルホール(東京都港区)で行われた記念イベントに登場。「きれいでしょ?」と登場してすぐに会場に呼びかけた島崎さんは「この美肌をアピールする場所ができた。やっと来たなと思いました。ある番組で調べてもらったら、肌年齢は女子高生(レベル)でした! 自慢ばっかりですみません」と力いっぱい美肌をアピールした。

 島崎さんは美肌の秘訣(ひけつ)について「質のいい睡眠と笑顔でいること。食べ物では小さいころから豚足とか、チキンが好きですね。そういうもので知らず知らずコラーゲンを取っていたので、長い目で見ると結果が追いついてくる」と生活を振り返った。同商品については「よく飲むので、手軽にお茶とかコーヒーとかに入れてます。家では自炊をしているので、スープやお味噌汁にパッと入れて。飲み物の味を壊さない」と利用法を話した。

 イベントには、女性ファッション誌「JJ」で活躍する読者モデル3人も登場し、島崎さんの美肌について質問が飛んだ。「きれいな肌で得したことは?」と聞かれ、島崎さんは「メーク時間が短くて済む。あとすっぴんでも誰だか分かってもらえる。どれだけうまいお化粧でも、肌が荒れているとメークののりも違うわよ~」と自慢げに答え、モデルたちを感心させていた。

 「テレビ出演で恥ずかしいことは?」という質問には「いろんな角度から撮られているので、ふとした素の瞬間を撮られると恥ずかしい」と話し、「地デジだと毛穴まで、年齢じゃない部分が見えてきます。若くてもハリツヤがなかったらだめ。雑誌はいいのよ、きれいに撮ってくれるから。テレビは気が抜けないですね」とモデルたちに忠告。「地デジ肌」と書いた紙を掲げて「本当にテレビ画面が地デジ対応なので、お肌も地デジに対応できるように。ほかのアラフォー女優に負けてられない。地デジ肌タレントとして頑張っていきたい」と宣言をして、会場を盛り上げていた。

 09年9月に発売された「パーフェクトアスタコラーゲン」は、好きな飲み物に混ぜてコラーゲンやヒアルロン酸が気軽に取れるパウダー(粉末)タイプの美容食品で、ビタミンCやエラスチンなど11種類の美容系成分が配合され、コラーゲン特有のにおいを大幅にカットしたくせのない味わいが人気を呼んでいる。このほどリニューアルした同商品は、1食分(付属のスプーン1杯)のコラーゲン配合量を2500mgから5300mgに、ヒアルロン酸の配合量も5mgから30mgに増量し、さらにヒアルロン酸の産生を助けるグルコサミンを追加し、12種類の美容系成分が配合されている。缶(210g・28日分)、詰め替え用(225g・30日分)ともに2000円で、全国のドラッグストアを中心に販売中。(毎日新聞デジタル)

芸能 最新記事