渡辺徹:「ライバルは向井理」 ゲゲゲ舞台化で水野美紀と夫妻役

舞台「ゲゲゲの女房」で水木しげる夫妻を演じる水野美紀さん(右)と渡辺徹さん
1 / 1
舞台「ゲゲゲの女房」で水木しげる夫妻を演じる水野美紀さん(右)と渡辺徹さん

 「ゲゲゲの鬼太郎」で知られるマンガ家・水木しげるさんの妻・武良布枝(むら・ぬのえ)さんの自伝小説を原案にNHK朝の連続テレビ小説でヒットした「ゲゲゲの女房」が、水野美紀さんと渡辺徹さんを水木夫妻役に舞台化されることになり、制作発表会見が27日、東京都内で開かれた。ドラマで水木夫妻を演じた松下奈緒さんと向井理さんについて、「向井さんを意識する?」との質問に渡辺さんは「彼とはキャラがかぶってる部分があるので、ライバルとしてやりたいですねえ」と笑わせた。

 布枝さんの小説を原案にオリジナルの要素を加えて舞台化。ヒロインの役名を村野布子に変え、水木しげるというペンネームの無名マンガ家と出会って結婚し、底なしの貧乏生活の中、命懸けでマンガに打ち込む夫を支える姿を描く。夫婦を取り巻く妖怪たちも舞台ならではの趣向として登場し、梅垣義明さん、篠田光亮さん、大和田獏さんらも出演する。

 ドラマ、映画に続いての舞台化に水野さんは「オリジナルの部分が加わって、また違ったものになっていくと思うんですけど、これから稽古(けいこ)をしながら、渡辺徹さんとの夫婦のコラボレーションで探っていけたら。プレッシャーは特にない」と意気込めば、渡辺さんも「最初は妖怪の役かなと思っていたら、水木先生の役をちょうだいした。私も妻を大事にしてますから、実体験を生かして、水野さんを愛する妻と思って、2人なりの夫婦ができたらいいなと思っています」と抱負を語った。

 会見では、水木夫妻からのコメント映像も上映され、舞台化について、布枝さんは「まさかここまでされるとは思ってもいませんでしたから、驚きと感激でいっぱい。また雰囲気の違うものができるんじゃないかなと私なりに感じております。面白おかしくできるんじゃないかな」と語り、水木さんも「そうですね。面白いものができるんですね。こりゃ」とコメント。夫婦役の2人について布枝さんは「(2人とは)初めてお目にかかりましたけども、どちらも本当に立派な方で、ああいう方をお選びいただいてうれしい気持ちでいっぱい」と笑顔を見せ、渡辺さんについては「なんだか豪放なところは、似てらっしゃるような気がしました。きっと成功に導かれると、確信に近いものを感じています」と語ると、水木さんも「自然体でやって、監督から注意されるくらいやったらいいよ」とアドバイスを送っていた。

 舞台は東京・日比谷の「シアタークリエ」で9月29日~10月7日で上演するほか、全国15都市でも公演予定。これに先駆け、9月23日には水木さんの出身地・鳥取県境港市での公演も行われる。(毎日新聞デジタル)

芸能 最新記事

MAiDiGiTV 動画

このページのトップへ戻る