MANTANWEB(まんたんウェブ)

佐々木希:セリフなし“死んだ魚の目”で謎の女熱演 SPドラマ「火車」

テレビ
ドラマスペシャル「火車」に出演する佐々木希さん=テレビ朝日提供

 モデルで女優の佐々木希さんが人気作家・宮部みゆきさん原作の本格ミステリーに初挑戦することで話題のドラマスペシャル「火車」(テレビ朝日系)が11月5日に放送されることが決まった。失踪した美女というミステリアスな役どころを演じた佐々木さんは、「今回の役はセリフがひとつもなく、表情だけで演技をするというところが、とても難しかったです。監督からは、とにかく“人間の心をなくした女性”になってほしいと言われていたので、そこはとても意識しました。“死んだ魚の目”を表現するのが難しかったですが、監督が『とにかく目力で!』とおっしゃっていたので、目には気をつけて演じました。鏡を見て、目を見開く練習もしました!」と“熱演”を振り返っている。

 また佐々木さんは「緊張感のある現場でした。私自身は緊張というよりも、『しっかり頑張らなければ』という気持ちでいっぱいでした。緊張感のあるシーンだったのですが、そのシーンが終わったとたんにみなさんが面白い話をしてくださったりして、すごくいい現場だなって思いました!」と語り、「ミステリードラマに出るのは初めてだったので、今回はすごくいろいろな経験をさせていただきました。私なりに頑張りましたので、ぜひご覧ください!」とコメントしている。

 ドラマは、総発行部数は数百万部という宮部さんが92年に発表したベストセラー小説。ドラマの舞台は、バブル崩壊直後92年の東京。休職中の警視庁捜査1課の本間刑事(上川隆也さん)が、遠縁の男性から失踪した婚約者「関根彰子」を捜してほしいと頼まれたところから物語は始まる。本間がその足取りを追いかけていくうち、彰子になりすましたもう一人の女の存在が背後に浮かび上がる。捜査1課の刑事・碇貞夫(寺脇康文さん)の力を借りながら、2人の“彰子”が残した痕跡をひとつずつ調べていく本間の前に、やがて驚きの真実が明らかになって……という骨太なミステリー。

 ドラマは11月5日午後9時~同11時11分に放送予定。29日からは、テレビ朝日1階アトリウムで、ドラマのポスターやシーン写真を展示する「『火車』特別写真展」も放送日まで開催される。(毎日新聞デジタル)

テレビ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

最新動画

まとめタグ

このページのトップへ戻る