MANTANWEB(まんたんウェブ)

アニメ質問状:「たまゆら」 楓たちのひととせの時間を

アニメ
テレビアニメ「たまゆら」の1シーン (C)2011佐藤順一・TYA/たまゆら製作委員会

 話題のアニメの魅力をクリエーターに聞く「アニメ質問状」。今回は、広島県竹原市を舞台に、少女たちの日常を丁寧に描いた「たまゆら」です。松竹の田坂秀将プロデューサーに作品の魅力を語ってもらいました。

 −−作品の概要と魅力は?

 この作品は、広島県の瀬戸内海沿いに実在する町、竹原を主な舞台に、主人公の沢渡楓を中心とした女子高校生たちの日常とおぼろげな夢を描いた物語です。非常にゆったりとした空気が流れ、そしてどこか懐かしさを感じる作品です。疲れた時や優しさに触れたい時、あったかい気持ちに触れたいときには、ぜひこの作品をみていただければきっと心に優しく残る作品になると思います。

 −−制作決定の経緯と、アニメにするときに心がけたことは?

 昨年発売したOVA(オリジナルビデオアニメ)版が多くのファンの皆様にご支持をいただき、ようやく実現できたテレビアニメです。決定した時には私自身ものすごくうれしく、OVAのファンの皆様にも大変喜んでいただけました。テレビアニメに際しては、とにかくテレビアニメ化を喜んでくれたOVAのファンの方々の期待を裏切らないようにと心がけというか、プレッシャーを感じながらの制作でした。

 −−「安芸の小京都」と呼ばれた広島・竹原を丁寧に描写していることでも話題ですが、なぜ竹原を舞台にしたのでしょうか?

 海沿いの穏やかな町を舞台にしたいということがまず最初にあって、全国各地から候補をリストアップして探してみました。その中で最適だったのが竹原でした。瀬戸内海は穏やかで、太陽の光も差し込んでキラキラ光ったり、とても魅力的で、竹原の町も古い街並みがなんだか懐かしい感じで、素晴らしい舞台が見つかったと思いました。

 実際行ってみても、イメージ通りのすてきな場所で、物語の世界を十分体感できる場所なので何度かイベントも行わせていただいています。

 −−作品を作るうえでうれしかったこと、逆に大変だったことは?

 OVAからのスタートで、テレビアニメ化を目標にしてきたので、何よりテレビアニメが作れることが一番うれしかったことですが、テレビアニメをやることで、各キャラクターたちのいろんな一面が描かれていくこともまた、制作過程ですごくうれしかったことです。

 大変だったことは、制作チームがですけど、実在の場所をそのまま描いているので、うそを書くと、現地に行ったらばれてしまいます。実在の場所を説得力をもたせて描くというのが大変だったと思います。

 −−今後の展開、読者へ一言お願いします。

 日常の話なので、この後、変身したり、敵が出てきたりといった大きな変化はもちろんないのですが、楓たちが高校に入ってからのひととせの時間が経過する中で、彼女たちがどんな成長をしていくのかを優しく見守っていただければと思います。きっと最後まで優しい気持ちになれる物語をお見せできると思います。

 また、たまゆらの日など、イベントがたくさん控えていますし、コラボなども行っていきます。もしお時間があるようでしたら舞台訪問もしていただけると、「たまゆら」の世界がそのままに広がっていてきっと楽しんでいただけると思います。

 アニメとアニメ以外の展開も合わせてお楽しみいただければ、より「たまゆら」の世界を体感していただけると思いますので、ぜひいろんな楽しみ方を試していただければと思います。

 松竹 プロデューサー 田坂秀将

アニメ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

最新動画

最新記事

まとめタグ

このページのトップへ戻る