GACKT:クリスマスにサプライズ?「いろいろ企画してます」

ゲーム アイドル
「コール オブ デューティ モダン・ウォーフェア3」の記者発表会に登場したGACKTさん

 歌手のGACKTさんが14日、東京都内で行われたシューティングゲーム「コール オブ デューティ モダン・ウォーフェア3」(スクウェア・エニックス)の記者発表会に登場。クリスマスの予定を聞かれると「クリスマス? フフ、仕事です。ちょっとサプライズをしようかなと、いろいろ企画してますが」と明かしていた。

 同ゲームは、世界的に人気を集める戦場を舞台にした一人称視点シューティング(FPS)「コール オブ デューティ」シリーズの最新作。Z指定(18歳以上対象)タイトルで、17日に字幕版とウィンドウズ版、12月22日に日本語吹き替え版を発売予定。希望小売価格は7980円(ウィンドウズ版はオープン)。GACKTさんは12日から放送されている同作のテレビCMでナレーションを担当している。

 GACKTさんは、ゲームに合わせたミリタリー調の衣装で登場し、ダンサー10人とともにダンスを披露し、実際にゲームも体験。「ゲームは下手ですけど、楽しいですよ。難しいけど、その難しさが癖になる。映像も臨場感があって、音も迫力がある」と絶賛し、「ゲームは地方にいるときによくやりますね。一回やり始めるとずっとやっちゃうところがあるので、時間を決めてます。熱くなりすぎて、周りの声も聞こえなくなっちゃうので」と苦笑した。

 この日は、クライスラー日本とコラボレートした「ラングラー アンリミテッド ルビコン」の特別仕様車「ジープ・ラングラー アンリミテッド ルビコン Call of Duty(コール・オブ・デューティ) 2」もお披露目され、カラオケチェーン「パセラ」でゲームをイメージしたオリジナルカクテルなどを販売する企画や、同ゲームの東京六大学対抗戦の開催なども発表された。(毎日新聞デジタル) 

ゲーム 最新記事

MAiDiGiTV 動画

最新動画

PHOTO

このページのトップへ戻る