香取慎吾:ポチたま“まさお君”映画化で主人公の売れない芸人に 恋人役に広末涼子

映画
映画「LOVE まさお君が行く!」に出演する広末涼子さん

 人気グループ「SMAP」の香取慎吾さんが、12年6月公開予定の動物映画「LOVE まさお君が行く!」(大谷健太郎監督)に主演することが30日、明らかになった。昨年3月まで放送された長寿番組「ペット大集合!ポチたま」(テレビ東京系)の人気コーナーに出演したラブラドルレトリバーの「まさお」と若手芸人・松本の実話がベースとなっており、香取さんは犬とコンビを組む若手芸人・松本を演じる。恋人役で女優の広末涼子さんが出演することも決定した。

 暇で売れない芸人・松本が、“おバカ”な犬の「まさお」と出会い、さまざまな経験を通じて人間として成長していく様子を体当たりで演じる香取さんは、「あのまさお君が何と映画化! とっても楽しくて撮影も絶好調です。本当に『まさお君が行く!』のコーナーと同じような、自然体な感じで楽しく映画を撮っています。こんな映画ってあまり経験ないなというくらい、気持ちもすごくリラックスしていますし、とても温かい映画になると思います」とコメント。

 恋人役を演じる広末さんは「脚本を読ませていただいた時、すごく笑えたのと同時に泣いてしまいました。本当に子供からお年寄りまで、みなさんに笑って泣いて感動して、楽しんでもらえる映画になるんじゃないかなと思ってワクワクしています」とアピール。「今回香取さん演じる松本君は作りこんだ役柄ではなくて、自然体の香取さんのままでありながら、更に松本君の空気の読めない感じとかが出てくるので、ご一緒していてとても楽しいですし、見ている方々も楽しくて、うれしいだろうなと思います。良い意味で松本君とまさお君の2人のゆるい感じが伝わってくる現場なので、できあがりが楽しみです」と語っている。

 ギャラの安さから、芸もなく、食いしん坊な犬・まさおとともに動物番組への出演が決まった売れない芸人・松本君(香取さん)は、当初はやる気マンマンだったが、犬が主人公の番組と知り落胆。まさおに振り回されながらも、笑いをとろうと必死に頑張るが空回りの連続で、コンビの相方もいなくなり、同居していた彼女・里美(広末さん)にもふられ、すべてがうまく行かなくなる。そんなある日、ロケでむちゃをした松本はケガをする。その時、真っ先に助けに駆け寄ったまさおの姿に、松本はまさおと一心同体になることを決意、人と犬のコンビを結成する。番組への批判やクレームが次第にポジティブな反応へと変わり、番組は好調に。まさおと松本は全国的な人気者になっていく。しかし、ある日まさおが体調を崩し、命にかかわる持病が判明。同時に田舎に戻った彼女が結婚するといううわさも耳にした松本君は……という日本全国を笑いと感動で包んだ実話から生まれたストーリー。

 映画には、番組ディレクターを光石研さん、ADを成海璃子さんが演じるほか、お笑いコンビ「TKO」の木下隆行さん、大久保佳代子さん、寺島進さんらも出演。撮影は10月から始まっており、12月にはクランクアップ予定。12年6月23日から新宿ピカデリーほか全国ロードショー。(毎日新聞デジタル)

映画 最新記事

MAiDiGiTV 動画

最新動画

PHOTO

このページのトップへ戻る