MANTANWEB(まんたんウェブ)

THE MANZAI:決勝進出15組決定! スリム、博多やM−1と2冠狙うパンクブーブーも

芸能
「M−1」との2冠を目指す「パンクブーブー」

 最も面白い漫才師を決める大会「THE MANZAI 2011~年間最強漫才師決定トーナメント!~」(フジテレビ系)の決勝進出者15組が決定した。今年ブレークした「スリムクラブ」やM−1との2冠を狙う「パンクブーブー」のほか、「ナイツ」「千鳥」などのM−1常連組、実力派「博多花丸・大吉」などが出場。この15組に「ワイルドカード決定戦」を勝ち進んだ1組を加えた16組が、漫才師の頂点を目指し、17日に激突する。

 今回は、出場1516組の中から予選を勝ち抜いた50組の「THE MANZAI 2011認定漫才師」による「本戦サーキット」を経て、今回の15組が決定。前述のコンビのほか、「アルコ&ピース」「囲碁将棋」「ウーマンラッシュアワー」「エルシャラカーニ」「学天即」「磁石」「チキチキジョニー」「テンダラー」「Hi−Hi」「ハマカーン」が出場する。

 「磁石」の佐々木優介さんは「別の大会ではずっと決勝手前で涙をのんできたので、この日本一の漫才師を決める大会で決勝に進出できたことは爆裂にうれしいです。このままの勢いで突っ走って優勝して、日本一の肩書きを手に芸能界で生き残っていきたいと思います」と意欲を語り、「ウーマンラッシュアワー」の村本大輔さんは「誰も知らない漫才師が誰もみたことない漫才をして優勝します」と力強いコメントを寄せている。

 また、「ワイルドカード決定戦」の進出者10組も決定。「南海キャンディーズ」「東京ダイナマイト」「銀シャリ」などのほか、今年の「キングオブコント」で準優勝だった「2700」も残った。決勝進出1枠を目指す「ワイルドカード決定戦」は決勝大会当日に行われる。

 「THE MANZAI 2011」は、80~82年にフジテレビ系で放送され、「B&B」「ツービート」「紳助・竜介」などを輩出して漫才ブームを巻き起こしたバラエティー番組「THE MANZAI」の名を冠する大会。プロの漫才師であれば、年齢や芸歴の制限なく出場できるため、事実上、日本で今、一番面白い漫才師を決める大会となる。決勝大会は17日午後7時~11時10分放送。また、決勝進出15組と「ワイルドカード決定戦」に出場する10組が登場する「THE MANZAI 2011 組み合わせ挑戦会」が10日午後0時55から放送される。(毎日新聞デジタル)

 【決勝進出者】(50音順)

 アルコ&ピース▽囲碁将棋▽ウーマンラッシュアワー▽エルシャラカーニ▽学天即▽磁石▽スリムクラブ▽チキチキジョニー▽千鳥▽テンダラー▽ナイツ▽Hi−Hi▽博多華丸・大吉▽ハマカーン▽パンクブーブー

 【ワイルドカード決定戦進出者】(50音順)

 銀シャリ▽さらば青春の光▽スーパーマラドーナ▽スパローズ▽東京ダイナマイト▽トレンディエンジェル▽南海キャンディーズ▽2700▽マヂカルラブリー▽夕凪ロマネコンティ

芸能 最新記事

MAiDiGiTV 動画

最新動画

まとめタグ

このページのトップへ戻る