注目アニメ紹介:「ブラック★ロックシューター」 ネット発の人気作 二つの世界が舞台

「ブラック★ロックシューター」のビジュアル(C)BRS on TV
1 / 1
「ブラック★ロックシューター」のビジュアル(C)BRS on TV

 インターネットで人気を集めた美少女キャラクターから生まれたコンテンツ「ブラック★ロックシューター」がテレビアニメ化され、フジテレビの深夜枠「ノイタミナ」で2日深夜から放送される。

 「ブラック★ロックシューター」は、人気イラストレーターのhukeさんがデザインしたキャラクターで、クリエーター集団「supercell」のryoさんが楽曲を付けたことで人気に火が付き、再生回数300万回以上を記録。10年にはアニメを制作して60万枚のDVDを無料で配布し、ネットで配信したことも話題になった。

 中学へ進学した黒衣マトは、入学式の日に同じクラスの小鳥遊ヨミと出会う。天真らんまんなマトと大人びたヨミは一年を通じて友情を深め合うが、2年に進級して別々のクラスになり、2人の心はすれ違う。そのころ、もう一つの世界では、左目に青い炎を宿してさまよう少女・ブラック★ロックシューターと、漆黒の大鎌を振るう少女・デッドマスターが死闘を繰り広げていた……。

 見どころは、hukeさんが生み出したキャラクターが、二つの世界をまたにかけて活躍する姿だ。純粋な少女たちの心の交流と葛藤が描かれ、学園生活での日常と、裏世界での激しいバトルが密接にリンクする。また動画サイトでも人気を博したクリエーターryoさんの楽曲もポイントだ。

 マトは「シュタインズゲート」の花澤香菜さん、ヨミは「化物語」の沢城みゆきさん。「かんなぎ」で協力したOrdet(オース)と、「境界線上のホライゾン」にも参加したCG制作会社・サンジゲンが制作する。放送は、フジテレビで木曜深夜0時45分~ほか。全8話予定。

 ※放送局・時間は変更される場合があります。

アニメ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

このページのトップへ戻る