喜多村英梨:“企業秘密”のネタ帳明かす 大坪由佳と「ニャル子さん」インタビュー

アニメ「這いよれ!ニャル子さん」で主人公・八坂真尋役の喜多村英梨さん(右)と暮井珠緒役の大坪由佳さん
1 / 5
アニメ「這いよれ!ニャル子さん」で主人公・八坂真尋役の喜多村英梨さん(右)と暮井珠緒役の大坪由佳さん

 美少女化したクトゥルー神話の神々たちのドタバタを描いた人気ライトノベルを原作にテレビ東京などで放送中のアニメ「這(は)いよれ!ニャル子さん」のDVDとブルーレイディスク(BD)第1巻が22日に発売される。テレビ東京で25日に最終回を迎える同作の魅力について、主人公・八坂真尋の声を担当する喜多村英梨さんと真尋のクラスメートでニャル子の親友の暮井珠緒(くれい・たまお)の声を担当する大坪由佳さんに聞いた。(毎日新聞デジタル)

 「這いよれ!ニャル子さん」(GA文庫) は、逢空万太(あいそら・まんた)さん作、狐印(こいん)さん画の人気ライトノベル。クトゥルー神話に登場する「神」ニャルラトホテプ、通称ニャル子が悪の組織から地球の高校生・八坂真尋を守るために派遣されてきたことからはじまるドタバタコメディー。これまでにドラマCD化、FLASHアニメ化されるなど人気を博している。

 ドラマCD版、FLASHアニメ版と通して真尋の声を務めてきた喜多村さんは「キャラに対しての愛情があるし、長い時間をかけて成長してきた気がします」と振り返る。地上波でのアニメ化にあたっては「作品の認知度が一気に高まったと思います。原作の持つパワーと支えてくれるファンの皆さん、スタッフの皆さんの風格を感じながらアニメも駆け抜けました」と語った。ニャル子の最愛の人である真尋を演じるにあたっては「ニャル子がはっちゃけやすいように、素直に表情を出しやすいようにするために(真尋は)どこまでもニャル子に冷たくしたりどこまでもあしらう。でも、真尋のアイデンティティーであるちょっとした“デレ具合”もうまく出してニャル子に投げかけるようにしたいなと思っています。ニャル子の“ダンナ”として」と語った。

 一方、今回初めて「ニャル子さん」に参加し、“歩くスピーカー”という役柄にちなみ同アニメの“宣伝隊長”を務める大坪さんはアニメが始まる前から“ニャル子さん旋風”を感じていたという。「アニメの前からじわじわきていて、アニメが始まったとたんにはっちゃけた空気を感じました。そういう現場に関われたのはうれしいし、現場も勉強になる先輩たちばかりだったので、自分自身のステップアップにつながりました」と振り返る。とは言うもののニャル子役の阿澄佳奈さんやクー子役の松来未祐さん、そして真尋役の喜多村さんなどドラマCD時代からのキャストやスタッフがいる現場に飛び込むことに不安があったという。しかし「現場に入ってからは受け入れてくれる空気があって。アニメの中のニャル子さん独特のボケとツッコミと重なるような面白い現場です」と晴れやかな表情を見せた。珠緒の役作りについては「珠緒ちゃんは邪神ではなく普通の高校生なので、(友達として)ニャル子さんとガールズトークをしている雰囲気を出せればと思いました」と明かした。

 アニメやゲームを元ネタにしたパロディーがちりばめられているのも作品の魅力の一つだが、地上波アニメになってもそれは衰えていない。喜多村さんは「実は収録するときにネタ帳のようなものがあって。細かすぎて伝わらないせりふのネタが監督のコメント付きであるんです。まあ“企業秘密”ですが(笑い)」と明かし「パロディー作品としても形になっているのはすごいと思う」と続けた。大坪さんも「ニャル子さんには名作のオマージュだったりネタが入っていたりするので、DVDやBDでぜひ、改めて探してほしいですね。一人だけじゃなくて友達同士で見てネタを探したりするのも一つの楽しみ方かな」と提案した。

 アニメ第1巻のDVDとBDは大坪さん、阿澄さん、松来さんによる第2話オーディオコメンタリーなどの特典映像付きでDVDが6300円、BDが7350円。初回版にはスペシャルCDやスペシャルライブイベントの先行予約券などの特典が付く。また、大坪さん、阿澄さん、松来さんのユニット「後ろから這いより隊G」が歌うオープニング曲「太陽曰く燃えよカオス」と「RAMMに這いよるニャル子さん」が歌うエンディング曲「ずっと Be with you」が発売中で、DVD付きCDが1680円、CDのみが1260円。オープニング曲を歌った大坪さんは「珠緒ちゃんは元気にスピーカーらしく歌っています」とアピールしている。

 <プロフィル>

 喜多村英梨(きたむら・えり)=東京都生まれ。声優。03年に声優デビュー。アニメ「BLOOD+」の音無小夜、「フレッシュプリキュア!」の蒼乃美希(キュアベリー)、「偽物語」の阿良々木火憐、「魔法少女まどか☆マギカ」の美樹さやかなどさまざまな役を幅広くこなす。ラジオパーソナリティーや歌手としても活躍。初めてハマったポップカルチャーは「マンガを描くこと。幼稚園の時から二次元の世界にハマりました」。思い出の作品で、声優としても刺激を受けたのは渡瀬悠宇さんの「ふしぎ遊戯」(小学館)。

 大坪由佳(おおつぼ・ゆか)=千葉県生まれ。声優。11年に「ゆるゆり」の歳納京子役で声優デビュー。初めてハマったポップカルチャーは子ども向けゲーム機「ピコ」などゲーム。「ポケットモンスターとかちょうど発売した世代でずっとシリーズは買っていました」とのこと。

写真を見る全 5 枚

アニメ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

このページのトップへ戻る