ゲーム1週間:ナスネ発売前日に延期 USJのリオレウスがギネス認定

ギネス世界記録に認定されたリオレウス希少種」(左)=ユニバーサル・スタジオ・ジャパン提供 (c)CAPCOM CO., LTD. ALL RIGHTS RESERVED.
1 / 1
ギネス世界記録に認定されたリオレウス希少種」(左)=ユニバーサル・スタジオ・ジャパン提供 (c)CAPCOM CO., LTD. ALL RIGHTS RESERVED.

 1週間のゲームのニュースをまとめて紹介する「ゲーム1週間」。今週(14~20日)は、ネットワークレコーダー「nasne(ナスネ)」が発売前日に急きょ延期されたニュースや「ユニバーサル・スタジオ・ジャパン(USJ)」にある巨大モンスター像「リオレウス希少種」がギネスに認定された話題などが注目を集めた。

 18日、ソニー・コンピュータエンタテインメント(SCE)は19日発売予定だったネットワークレコーダー「nasne(ナスネ)」(1万6980円)の発売を延期すると正式に発表した。SCEによると延期の理由について「内蔵されているハードディスクが、輸送時に予期せぬ不具合があって、部分的に破損していることが確認されたため」としている。現段階で発売時期は未定。

 19日、大阪市此花区のテーマパーク「ユニバーサル・スタジオ・ジャパン(USJ)」に登場したカプコンの人気アクションゲーム「モンスターハンター」(モンハン)の全長約20メートルの銀色の巨大モンスター「リオレウス希少種」が、「最も大きなビデオゲームキャラクターの像」として、ギネス世界記録に認定されたことがイベント「モンスターハンター・ザ・リアル 2012」のプレスレビューで発表された。ゲームの人気キャラクター「アイルー」が認定証を掲げると、集まった約200人のモンハンファンからは、拍手と大歓声が巻き起こった。

 川上稔さんの人気ライトノベルが原作で、テレビアニメが放送中の「境界線上のホライゾン」がPSP向けソフトとしてゲーム化され、今冬に発売されることが明らかになった。プレーヤーがキャラ育成から装備品の作製などを実行しながら約400種類のミッションをクリアしていくRPGになるという。(毎日新聞デジタル)

ゲーム 最新記事