MANTANWEB(まんたんウェブ)

MD松尾のヒット解析:マリオ、ドラクエの“2強”健在 初音ミクでVitaに動き

ゲーム

 TSUTAYAで加盟店にゲームソフトの商品提案をしているマーチャンダイザー(MD)の松尾武人さん。バイヤー歴10年以上の松尾さんは、その経験からソフトの特徴に合わせた商品展開を得意としている。ベテランバイヤーがヒットの流れを解析し、今後の動きを予想する。

 「New スーパーマリオブラザーズ2」(3DS、任天堂)と「ドラゴンクエスト10」(Wii、スクウェア・エニックス)の“2強”は今回もワンツーを守りました。また、「ポケットモンスターブラック2・ホワイト2」(DS、ポケモン)も好調ですね。新作では、アニメも大ヒットした「化物語ポータブル」(PSP、バンダイナムコゲームス)が4位にランクイン。通常版が鈍い半面、限定版の動きが想定よりいいですね。

 ◇今週の動き

 月末ということもあってビッグタイトル目白押し。トップは「初音ミク−Project DIVA−f」(PSVita、セガ)で間違いないでしょう。予約も絶好調で、これまでのVitaのユーザー層とは異なる女性や中高生のファンが多いことを考えると、本体のけん引も大いに期待できそう。2位は「戦国BASARA HDコレクション」(PS3、カプコン)か。リメーク版にあたりますが、予約が想像をはるかに超える勢いで、アニメや最近のシリーズから入った女性ユーザーにとっては新作扱いということなのかもしれません。3位には「デビルサマナー ソウルハッカーズ」(3DS、アトラス)が入りそう。

 ほかにも「機動戦士ガンダムAGE ユニバースアクセル/コズミックドライブ」(PSP、バンダイナムコゲームス)、「閃乱カグラ Burst」(3DS、マーベラスAQL)など期待作も登場。また、延期されていたネットワークレコーダー「nasne(ナスネ)」もようやく発売。ロンドン五輪も終わり、微妙にピークは外してしまったものの待っているお客さんも多く、合わせて期待しています。

 ◇ランキングは次の通り。(20~26日・TSUTAYA調べ・限定版含む)

1位 New スーパーマリオブラザーズ2(3DS)

2位 ドラゴンクエスト10(Wii)

3位 ポケットモンスターブラック2(DS)

4位 化物語ポータブル(PSP)

5位 ポケットモンスターホワイト2(DS)

6位 ものすごく脳を鍛える5分間の鬼トレーニング(3DS)

7位 ジャストダンスWii2(Wii)

8位 太鼓の達人 ちびドラゴンと不思議なオーブ(3DS)

9位 黒子のバスケ キセキの試合(PSP)

10位 こびとづかん こびと観察セット(3DS)

 ◇プロフィル

 松尾武人(まつお・たけと) TSUTAYAゲームリサイクル企画グループ リーダー

 「GAME TSUTAYA」加盟約500店に新作ゲームの商品提案をするマーチャンダイザー。96年から家電量販店でゲームのバイヤーを担当。02年にTSUTAYA入社後も一貫してバイヤーの道を歩んできた。ネオジオCDを2台購入したほどの格闘ゲーム好きだったが、現在は携帯版ドラクエなどで遊ぶ日々が続いている。

ゲーム 最新記事

MAiDiGiTV 動画

最新動画

まとめタグ

このページのトップへ戻る