MANTANWEB(まんたんウェブ)

東京国際映画祭:グランプリは「もうひとりの息子」 仏映画が2年連続受賞

映画
「東京サクラグランプリ」に輝いた仏映画「もうひとりの息子」のロレーヌ・レヴィ監督

 アジア最大級の映画祭「第25回東京国際映画祭(TIFF)」が28日閉幕し、六本木ヒルズ(東京都港区)でクロージングセレモニーが行われた。15作品出品されたコンペティション部門から最高賞の「東京サクラグランプリ」に輝いたのは、仏映画「もうひとりの息子」(ロレーヌ・レヴィ監督)で、最優秀監督賞とのダブル受賞となった。昨年の受賞作「最強のふたり」に続いて、仏映画が2年連続で「東京サクラグランプリ」を受賞した。

 「もうひとりの息子」は、パレスチナ問題を背景にした物語。兵役用健康検査の結果、両親の実子でないことを知ったイスラエル人の青年。出生の際の手違いが明らかになり、やがてイスラエルとパレスチナの二つの家庭のアイデンティティーと信念とが大きく揺さぶられる事態に発展、根深い憎しみからの解放を巡る感動のドラマが描かれる。

 レヴィ監督は「これは本当ですか?」と信じられない様子で、「今日は最高です!」と大喜び。キャストやスタッフ陣にお礼を述べて、「この賞をイスラエルとパレスチナの子供たちにささげたい」と受賞を喜んだ。

 一方、コンペティション部門で一般客から最も多くの支持を得た「観客賞」には、追突事故で高次脳機能障害を負ったディジュリドゥ奏者を描いた「フラッシュバックメモリーズ3D」(松江哲明監督)が選ばれた。同映画祭の3日前に作品が完成したという松江監督は、「本当にいろんな方にご迷惑をかけてしまって……。でも、(上映後)お客さんがあたたかい拍手や感想を伝えてくださった。本当にありがとうございます」と喜びを語った。 

 ◇第25回東京国際映画祭 受賞作品・受賞者一覧(敬称略)

<コンペティション部門>

■東京サクラグランプリ/「もうひとりの息子」

■審査員特別賞/「未熟な犯罪者」

■最優秀監督賞/ロレーヌ・レヴィ 「もうひとりの息子」

■最優秀女優賞/ネスリハン・アタギュル 「天と地の間のどこか」

■最優秀男優賞/ソ・ヨンジュ 韓国:「未熟な犯罪者」

■最優秀芸術貢献賞/パンカジ・クマール 「テセウスの船」撮影監督

■観客賞/「フラッシュバックメモリーズ 3D」

<natural TIFF部門>

TOYOTA Earth Grand Prix/「聖者からの食事」

審査員特別賞/「ゴミ地球の代償」

<アジアの風部門>

最優秀アジア映画賞/「沈黙の夜」

アジア映画賞 スペシャル・メンション/「ブワカウ」「兵士、その後」「老人ホームを飛びだして」

<日本映画・ある視点部門>

作品賞/「GFP BUNNY−タリウム少女のプログラム−」

映画 最新記事

MAiDiGiTV 動画

最新動画

まとめタグ

このページのトップへ戻る