MANTANWEB(まんたんウェブ)

マンガ質問状:「セキレイ」 心の機微知るために少女マンガ読破 「北の般若」は動く?

マンガ
極楽院櫻子さんのマンガ「セキレイ」13巻(スクウェア・エニックス)の表紙

 話題のマンガの魅力を担当編集が語る「マンガ質問状」。今回は、「セキレイ」と呼ばれる美少女らと出会った浪人生が、都市を舞台にした謎の「鶺鴒計画(せきれいけいかく)」に巻き込まれるという極楽院櫻子さんのマンガ「セキレイ」です。スクウェア・エニックスのガンガン編集部・赤城奈穂さんに作品の魅力を聞きました。

−−この作品の魅力は?

 さえない浪人生・佐橋皆人(みなと)が、ある日出会った謎の美少女・結(むすび)。自らを「セキレイ」と名乗る彼女と出会ったことで、皆人は帝都を舞台に繰り広げられるバトルロイヤル「鶺鴒計画」に巻き込まれる。さまざまなタイプの美少女「セキレイ」たちと、そのセキレイたちに選ばれた「葦牙(アシカビ)」との運命を描く美少女バトルロマンス、それが「セキレイ」です。

 美少女あり、バトルあり、お色気あり、熱いバトルあり。どのような作品が好きな方でも楽しんでいただける作品です!

−−作品が生まれたきっかけは?

 以前は女性向け作品を描いていた極楽院先生ですが、ちょうど弊社雑誌「ヤングガンガン」の創刊をきっかけに、前から描いてみたいと思っていた美少女バトルもののプロットを前担当者に提出したのがきっかけです。ご本人も初めての企画ということもあり、何十回とプロットに修正を加え、なんとか連載へとつなげたと聞いています。

−−編集者として作品を担当して、今だから笑えるけれど当時は大変だった……、もしくはクスッとしたナイショのエピソードを教えてください?

 主人公・皆人のセキレイの1人、焔(ほむら)のエピソードに悪戦苦闘したことです……かね(笑い)。この回は「男性だったはずの焔の体が徐々に女性化し始める」という話で、焔が自分自身の体の変化にとまどいつつ、そんな自分自身を受け入れてくれる皆人への気持ちの変化を描く、がテーマでした。

 それにあたり、先生と「感情の機微を大切にしよう」と話しをしていたのですが、なぜか先生も私も「揺れる気持ちを描く」ということが苦手だということが発覚……。これはまずい……と先生と話をしたところ、「揺れる気持ち=少女マンガだろう!」ということになり、その時期はとにかく、2人とも普段見ることがない少女マンガを見始めたりしました。そして影響されて「恋がしたい!」と言ってみたり(笑い)。そのおかげか、あのエピソードはうまくまとまったと思っております。

 あと……これは私だけがずっとうれし恥ずかしなのですが、先生がとある回の扉につけた私のあおり文をすごく気に入ってくださり、たまに電話口で「あのあおり、すごく良かったです!」と熱弁してくれます。でも……でもですね、あおりを口に出して読まれると………すごく恥ずかしいですよね?(笑い)

−−マンガの展開も佳境に入りつつあると思います。今後の見どころぜひ。

 108羽いたセキレイたちも、バトルロイヤルの中で数多くリタイアし、その中で最終段階へと勝ち残った7人の葦牙とそのセキレイたち。敵であったり味方であったり、それぞれが築き上げた絆を前に彼らは果たしてどのような闘いを強いられるのか?

 あとコアな読者の皆様が気になってると思います、「北の般若」は動くのか──?(笑い)

 まだまだ先生と調整に調整を重ねている段階なので、まだ私にも先が見えない状況です。ですが、そんな状況だからこそ、思いもつかなかった展開になるんじゃないかと今から私自身もワクワクしております。

−−読者へ一言お願いします。

 弊社にて約8年連載している「セキレイ」も、とうとう最後が見えてまいりました。運命の相手に出会い、大切な仲間を得て、交わした約束と逃れられない宿命に立ち向かっていた彼女たちの闘い。ずっと見守って下さった読者様も、これから出会ってくださる読者様も、必ず誰か1人、運命のセキレイに出会えるはずです。その彼女たちのただ一つの願いを賭けた闘いを最後まで見守っていただけますと幸いです。

 これからも応援をよろしくお願い致します!

ガンガン編集部 赤城奈穂

マンガ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

最新動画

まとめタグ

このページのトップへ戻る