MANTANWEB(まんたんウェブ)

LINE:スタンプキャラがサンデー&ヤンジャンでマンガ化 テレ東でアニメ化も

アニメ マンガ
LINEスタンプキャラクターのマンガ、アニメ化を発表したNHNジャパンの森川亮社長(右)と小学館集英社プロダクションの紀伊高明社長

 スマートフォン向け無料通話・チャットアプリ「LINE(ライン)」のスタンプキャラクターたちが週刊少年サンデー(小学館)と週刊ヤングジャンプ(集英社)で同時にマンガ化されることになった。NHNジャパンと小学館集英社プロダクション(ShoPro)が13日、東京都内で発表した。13年1月9日発売の週刊少年サンデー6号から「キャラクタイムズ」、13年1月4日発売の週刊ヤングジャンプ新春特大合併5・6号から「LINE OFFLINE~ボクら図鑑~」として連載がスタートする。

 LINEは、ユーザー同士なら全世界で通信キャリアを問わず、無料で音声通話やチャット(トーク)が楽しめるNHNジャパンのコミュニケーションアプリ。全世界で登録ユーザー8000万人、国内で3600万人を突破しており、小学館の情報誌「DIME」の「第25回2012小学館DIMEトレンド大賞」を受賞、月刊情報誌「日経トレンディ」が選ぶ「2012年ヒット商品ベスト30」で第2位に選ばれるなど、注目を集めている。

 この日の会見では、「コニー」「ブラウン」「ムーン」などLINEに登場するスタンプキャラクターの商品窓口をShoProが担当し、13年1月から同キャラクターが登場する連載マンガがスタートすることが発表されたほか、13年1月7日からテレビ東京で「LINE OFFLINE ~サラリーマン~」としてアニメ化されることも発表された。

 少年サンデーの「キャラクタイムズ」は、マンガ家・萬屋不死身之介さんが手がけるブラックユーモアが利いたコメディーマンガ。一流のキャラクターを育成するための専門学校「東京キャラクターズスクール」に入学したコニー、ブラウン、ムーンたちが巻き起こす型破りな学園物語。一方、ヤングジャンプの「LINE OFFLINE~ボクら図鑑~」は、マンガ家・金田一蓮十郎さんらのユニット「Team.きんだいち」が手がける4コマギャグマンガ。同じ会社で働くムーン、コニー、ブラウンたちが繰り広げる日常を描いていく。

 テレビアニメ「LINE OFFLINE ~サラリーマン~」は、コニーらによるサラリーマンの世界を描いたシュールなギャグアニメ。ムーン係長(森川智之さん)、OLのコニー(金田アキさん)、ジェームズ課長(風間勇刀さん)、ブラウン(飛田展男さん)、ジェシカ(國立幸さん)らのやりとりを描く。制作は「小学館ミュージック&デジタル エンタテイメント」が手がける。13年1月7日からテレビ東京で、毎週月~水曜の深夜1時半~同35分に放送。

 会見ではそのほか、13年春に少女マンガ誌「マーガレット」(集英社)でマンガ連載が決定していることや、人気ファッション誌「CanCam」(小学館)でのコラボ企画、13年4月に30分アニメ放送の企画が進行していることも発表された。NHNジャパンの森川亮社長は、「キャラクターが広がることで、LINEのユーザー規模の拡大につながると思っている。目的としては、LINEの拡大のため」と説明した。(毎日新聞デジタル)

アニメ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

最新動画

まとめタグ

このページのトップへ戻る