山本美月:キャスカのコスプレに興奮 アニメ愛語る

「ベルセルク黄金時代篇2 ドルドレイ攻略」のBD&DVDの発売記念イベントでキャスカのコスプレを披露した山本美月さん
1 / 15
「ベルセルク黄金時代篇2 ドルドレイ攻略」のBD&DVDの発売記念イベントでキャスカのコスプレを披露した山本美月さん

 アニメやコスプレ好きで知られるモデルで女優の山本美月さんが16日、秋葉原UDXシアター(東京都千代田区)で開催された劇場版アニメ「ベルセルク黄金時代篇2 ドルドレイ攻略」(窪岡俊之監督)のブルーレイ(BD)&DVDの発売記念イベントに登場し、劇中で女性剣士・キャスカが舞踏会で着ていたドレスをイメージしたコスプレ姿を披露した。山本さんは「普段からコスプレをするのが大好きだけど、ドレスっぽいのは初めて。すごくフィットしていて“私のもの”って感じ」と喜んでいた。

 山本さんは、初音ミクやアニメ「けいおん!」「涼宮ハルヒの憂鬱」「クリィミーマミ」「プリキュア」シリーズなどのコスプレ衣装を持っているといい、アニメを好きになった理由を「父がオタクで影響を受けました。父は『超人ロック』『人造人間キカイダー』『サイボーグ009』が好きで、ゲームも好きなんです」と説明した。

 イベントには“ベルセルク大好き芸人”として、お笑いコンビ「バッファロー吾郎」の竹若元博さんとお笑いコンビ「天津」の2人も登場。天津の向清太朗さんが「シャルロット役の声優の豊崎愛生さんが大好きで、そこばかり見ていた」と興奮気味に話したり、山本さんが「声優の櫻井孝宏さんや梶裕貴さんが出ているのも魅力。ハマりました」「グリフィスがガッツにベヘリットを自慢するシーンが好き。ズキュンときました。戦闘シーンがすごいけど、女性としては人間関係が見どころです」と持論を展開するなど、登壇者は同作の魅力を語り合っていた。

 「ベルセルク」は三浦さんがヤングアニマル(白泉社)で89年に連載をスタートした人気マンガ。戦乱で荒廃した架空の世界を舞台に、巨大な剣を使う青年・ガッツが、異形の化け物を相手に壮絶な戦いを繰り広げる姿を描いている。劇場版アニメ「黄金時代篇」は20年以上にわたって描かれた同作をすべて映像化する「ベルセルク・サーガプロジェクト」の第1弾で、最終章となる第3部「降臨」が13年2月1日に公開される。(毎日新聞デジタル)

写真を見る全 15 枚

アニメ 最新記事