AKB48・峯岸みなみ:交際報道で研究生に降格 丸刈りで謝罪 コメント全文

「YouTube」のAKB48公式チャンネルで謝罪した峯岸みなみさん
1 / 1
「YouTube」のAKB48公式チャンネルで謝罪した峯岸みなみさん

 31日発売の週刊誌で「GENERATIONS」のパフォーマー、白濱亜嵐さんとの交際が報道された「AKB48」の峯岸みなみさんが、2月1日付で研究生に降格処分となったことが明らかになった。「Google+」で戸賀崎智信AKB48劇場支配人が発表した。また、峯岸さんは動画サイト「YouTube」のAKB48公式チャンネルに丸刈りにした頭で登場し、「私の記事のせいでメンバーやファンのみなさん、スタッフさん、家族、たくさんのみなさまにご心配をかけて本当に申し訳ございません」と涙ながらに謝罪している。

 3分49秒にわたった動画の謝罪コメントでは「AKB48の第1期生として後輩のお手本になるような行動をつねにとらないといけない立場なのに、今回私がしてしまったことはとても軽率で自覚のない行動だったと思います」と沈痛な面持ちで語り、「いてもたってもいられず、メンバーにも事務所の方にも誰にも相談せずに坊主(丸刈り)にすることを自分で決めました」と自分なりのけじめの仕方を説明している。

 「こんなことで今回のことが許していただけるとはとても思っていませんが、まず一番始めに思ったことは、AKB48をやめたくないということでした」と涙ながらに語り、「青春時代を過ごしてきた大好きなメンバーがいる、そして温かいファンのいるAKB48を離れることは今の私にとっては考えられませんでした。甘い考えなのは分かっていますが、できるのであればAKB48の峯岸みなみでいたいです」と訴えている。

 戸賀崎支配人は、峯岸さんの今後について「詳細が決まり次第、改めてご報告させていただきます」としている。

 ◇動画コメント全文

 AKB48 梅田チームBの峯岸みなみです。

 このたびは今日発売される週刊誌の中にある私の記事のせいでメンバーやファンのみなさん、スタッフさん、家族、たくさんのみなさまにご心配をかけて本当に申し訳ございません(おじぎ)。2005年に結成されたAKB48の第1期生として後輩のお手本になるような行動をつねにとらないといけない立場なのに、今回私がしてしまったことはとても軽率で自覚のない行動だったと思います。

 まだ頭の中は真っ白でどうしたらいいのか、自分に何ができるのか分からなかったのですが、先ほど週刊誌を見て、いてもたってもいられず、メンバーにも事務所の方にも誰にも相談せずに坊主(丸刈り)にすることを自分で決めました(涙)。こんなことで今回のことが許していただけるとはとても思っていませんが、まず一番始めに思ったことは、AKB48をやめたくないということでした(涙)。

 青春時代を過ごしてきた大好きなメンバーがいる、そして温かいファンのいるAKB48を離れることは今の私にとっては考えられませんでした(涙声)。甘い考えなのは分かっていますが、できるのであればAKB48の峯岸みなみでいたいです。今回のことはすべて私が悪かったです。本当にごめんなさい(おじぎ)。これからのことは秋元先生や上の皆さんの判断にお任せします。まだ整理はついていませんが、今思うことをお伝えさせていただきました。ありがとうございました。

芸能 最新記事

MAiDiGiTV 動画