MANTANWEB(まんたんウェブ)

三石琴乃:「アンフェア」最新SPでテレビドラマ初挑戦 事件の首謀者「マスク男」に

アニメ テレビ
関西テレビ提供

 人気アニメ「美少女戦士セーラームーン」の主人公・月野うさぎ役などで知られる人気声優の三石琴乃さんが3月1日放送のスペシャルドラマ「ダブル・ミーニング Yes or No?」(関西テレビ・フジテレビ系)に物語の鍵を握る“マスク男”の声で出演することが24日、明らかになった。ツインテールのアニメの美少女キャラクターのようなマスクをかぶり、ネット配信の動画で人質を殺害し続ける“マスク男”役でテレビドラマに初挑戦した三石さんは「思いきり可愛く、そして残酷に演じました」と語っている。

 三石さんは「自分のアニメボイスを起用したいと言われたときに、可愛くて、でも子供みたいに残酷なことが平気でできるというキャラクターを目指したいんだなと思いました」と話しており、主演の北乃きいさんも“マスク男”について「声は女の子の声なので、見た目の映像と声の組み合わせが怖いんです。可愛い声ですごく残虐なことを言うので、それがすごく怖かったです」とコメントしている。

 また、ドラマ“初挑戦”となる三石さんは「アニメのお仕事のときは『このキャラはこの声』って決まったら、その音域の中で喜怒哀楽を出すんです。でも今回はそこを取っ払って、普通に今しゃべってるような私自身の声で恨みを表現したり、冷たさを出したり。そういうのは実写のドラマならではだなと思いました」とアニメとの違いを実感した様子。「アニメボイスから生身の声へのギャップで、怖さを表現できたらいいなって。犯人の動機は知っていたので、後半のマスク男の感情がもれ出るところは、核心的な気持ちを出せるように集中しました」と説明している。

 ドラマは、篠原涼子さん主演で06年に連続ドラマとして放送され、その後にスペシャルドラマや映画も公開された人気シリーズ「アンフェア」の最新作。今回のスペシャルドラマは、北乃さん主演で11年に放送されたスペシャルドラマの2年後を描く続編で、篠原さんが演じた主人公・雪平夏見の後任・望月陽(北乃さん)とベテラン刑事・山路哲夫(寺島進さん)のコンビが再び難事件に挑む。

 今回の事件は、体感型の謎解きミステリーとして、“視聴者参加型”の人質殺人事件が描かれるといい、三石さんは「初めは無機物っぽい感じがした犯人が、実はすごく人間らしかったり……。今の時代を風刺したようなインターネット上の劇場型犯罪。実際にあってもおかしくないと思わされます」と見どころを語っている。

 スペシャルドラマ「ダブル・ミーニング Yes or No?」は、3月1日午後9時~同10時52分放送。なお、3月2日には、映画「アンフェア the answer」を午後9時から地上波初放送する。(毎日新聞デジタル)

アニメ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

最新動画

まとめタグ

このページのトップへ戻る