MANTANWEB(まんたんウェブ)

石塚英彦:初主演の連ドラで市原悦子と初共演 大女優のゲスト出演に緊張しきり

テレビ
連続ドラマ「刑事110キロ」で初共演する石塚英彦さん(左)と市原悦子さん=テレビ朝日提供

 タレントの石塚英彦さんが初主演する4月スタートの連続ドラマ「刑事110キロ」(テレビ朝日系)の初回に、女優の市原悦子さんがゲスト出演することが14日、明らかになった。事件のカギを握る手強い助産師役で、石塚さん演じる“大型”刑事と対立する役どころを演じた市原さんは、共演に緊張していたものの体当たりの熱演でわたり合った石塚さんについて、「すごくまじめな方! 周りの状況や人の動きがすごく見えていて、常に気を配っていらしたので、初共演とは思えないほどやりやすかった」と絶賛。「最後までけがをしないで頑張って。座長としてどーんと構えて、時に抜くところは抜いて、撮影を楽しんでくださいね」と温かいエールを送っている。

 「刑事110キロ」は、京都府警で初の女性捜査1課長となった錦織玲子(高畑淳子さん)に才能を見いだされ、新人ながら交番勤務から一転、捜査1課長付刑事に抜てきされた花沢太郎(石塚さん)が、巨体を揺らしながら鋭い洞察力を武器に謎を解く、異色の刑事ドラマ。花沢太郎はドラマのタイトル通り、体重は110キロという設定だ。

 第1話は、殺人容疑者である息子をかくまっているのではないかと玲子(高畑さん)や木内光義刑事(中村俊介さん)が悠里子(市川さん)の自宅を張り込んでいると、そんなこととは知らない交番勤務の警官・花沢が偶然、彼女の家を訪れるところから始まる。人気ドラマ「家政婦は見た」シリーズでは、他人の家庭に上がってその暗部を探る役柄の市原さんが、今回は逆に石塚さん演じる太郎に上がり込まれてしまうという展開で、なぜか警察に激しい憎悪を抱いている悠里子は太郎と初対面から激しく対立。「おデブちゃん、やるべきことをやってから出直して来なさい!」などと一喝するシーンもあるという。

 ドラマ「刑事110キロ」は4月スタート。毎週木曜午後8時に放送予定。(毎日新聞デジタル)

テレビ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

最新動画

まとめタグ

このページのトップへ戻る