MANTANWEB(まんたんウェブ)

アニメ質問状:「とある科学の超電磁砲S」 人気エピソード「妹達編」をやれるのがうれしい

アニメ ブック マンガ
(c)鎌池和馬/冬川基/アスキー・メディアワークス/PROJECT-RAILGUN

 話題のアニメの魅力をクリエーターに聞く「アニメ質問状」。今回は「とある科学の超電磁砲S」です。J.C.STAFFの松倉友二さんに作品の魅力を語ってもらいました。

 −−作品の概要と魅力は?

 原作である「とある魔術の禁書目録」に登場するキャラクター・御坂美琴を中心としたスピンオフになります。もともと人気の高かったエピソードを原作の小説とは別の切り口で描き、少女たちのアクションや葛藤をスピーディーに描いているところが魅力でしょうか。

 −−アニメにするときに心がけたことは?

 とにかく、女の子は可愛く、アクションは格好よく!と気を使ってます。もちろん、可愛いのは絵だけのことではなく、しっかりしたストーリーがあった上での表現だと思っているので内容や体感速度も注意してますね。

 −−作品を作るうえでうれしかったこと、逆に大変だったことは?

 何より第2期を作れることがうれしかったですね。第1期の段階では人気のエピソード「妹達編」がまだ連載の途中でアニメにできなかった。今回はそこをやれるのがうれしい。逆に原作の「禁書目録」で一度映像化している話でもあるので、監督には、どうアプローチするかで苦労を掛けています。

 −−今後の見どころを教えてください。

 男子に人気の上条(当麻)さんも登場してますます盛り上がっています。美琴たちだけではなく、“上条VS一方通行”のバトルにも期待してください。そして、美琴の心情にも大きな変化があります。そこにも注目。

 −−ファンへ一言お願いします。

 女の子もアクションもてんこ盛りの「超電磁砲」。正直、すごく大変です(笑い)。でも、原作の鎌池(和馬)さんにもアイデアをいただきつつ、スタッフ一同頑張っていますので最後まで応援お願いします。製品版(DVD)にはいつものグダグダ映像特典「MMR」も付いてきます。そちらもお楽しみに。

 J.C.STAFF 制作本部長 松倉友二

アニメ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

最新動画

まとめタグ

このページのトップへ戻る