ダイオウイカ:Nスペに再び 今度は巨大深海ザメも

「NHKスペシャル シリーズ 深海の巨大生物 伝説のイカ 宿命の闘い」に登場するダイオウイカ=NHK提供
1 / 6
「NHKスペシャル シリーズ 深海の巨大生物 伝説のイカ 宿命の闘い」に登場するダイオウイカ=NHK提供

 深海に生息し、成長すると全長18メートルにもなる謎多き巨大生物「ダイオウイカ」の生態や進化の過程などを検証するドキュメンタリー番組「NHKスペシャル シリーズ深海の巨大生物 伝説のイカ 宿命の闘い」(NHK総合)が27日に放送されることが分かった。28日には“深海底の王者”といわれる巨大なカグラザメなど深海ザメの生態に迫る「謎の海底サメ王国」も放送される。

 ダイオウイカは地球上最大の無脊椎(せきつい)動物で、欧米では“船を襲う海の怪物”クラーケンのモデルとして知られ、古くから船を沈めると恐れられてきた。世界中のメディアや研究者が深海で泳ぐ生きた姿の動画撮影に失敗してきたが、12年にNHKや国立科学博物館の窪寺恒己博士らによって小笠原諸島近くの深海で世界で初めて撮影に成功。1月にNHKスペシャルで放送され、平均視聴率16.8%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)と高視聴率を記録するなど話題となった。

 「伝説のイカ 宿命の闘い」では、スーパーコンピューターを使ってダイオウイカの生態系を分析するほか、スタジオには、窪寺博士や世界初の撮影に成功した潜水艇「トライトン」(同型機)の実物が登場。ゲストとして仲間由紀恵さん、千原ジュニアさん、荒俣宏さんも出演する。

 「謎の海底サメ王国」は、駿河湾、相模湾で約4年かけて撮影した映像を公開。同海域の深海には、ヘビのような姿のサメ・ラブカ、アゴが飛び出し顔が変形する“悪魔のサメ”のミツクリザメ、深海底の王者と呼ばれる巨大なカグラザメなど、古代から姿が変わらない“生きた化石”が数多く生息していることもあり、その全容が明らかになるかが注目される。

 「NHKスペシャル シリーズ深海の巨大生物 伝説のイカ 宿命の闘い」はNHK総合で27日午後7時半に放送。「謎の海底サメ王国」は28日午後9時に放送。(毎日新聞デジタル)

写真を見る全 6 枚

テレビ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

このページのトップへ戻る