MANTANWEB(まんたんウェブ)

FF14:「新生エオルゼア」発売前に世界で40万人プレー FF11に迫る勢い

ゲーム

 スクウェア・エニックスのオンラインゲーム「ファイナルファンタジー(FF)14:新生エオルゼア」の発表会が27日、東京都渋谷区の渋谷ヒカリエで開かれ、正式発売の数日前からプレーできる「先行アクセス」で既に40万人が遊んでいることが明かされた。同社が10年以上運営した人気オンラインゲーム「FF11」の55万人に迫る勢いで、今後はFF11を超えるか注目を集めそうだ。

 発表会では、スクウェア・エニックス・ホールディングスの松田洋祐社長が、2010年に一度発売されたものの不評で、3年がかりで全面刷新したことに触れ、「再生させるべく、さらに最高の品質のゲームを目指すべく取り組んできた。10年以上サービスをしているFF11に続き、大きく育ってくれることを確信している」と自信を見せた。テストプレーでは世界で100万人以上の応募があり、現在の同時アクセス数は14万人に達している。

 ヒカリエの地下3階には、ゲームの世界を疑似体験できるユニークな巨大スクリーン型の広告「エオルゼアミラー」(~31日)を設置してアピールした。大きさは、縦2.5メートル、横13メートルで、スクリーンの前に人が立つとセンサーが感知し、その人に合うFF14のキャラクターがスクリーンに映し出され、手を振ったり、アクションをする。通りかかった人たちが、異色の“アトラクション”を楽しんでいた。

 「FF14」は、広大な仮想世界「エオルゼア」を冒険するオンライン専用のRPG。27日から発売されたソフトはPC、PS3とも各3300円で、別途30日間で1344円の利用料が必要。ソフトの購入者には30日間の利用権が付く。(毎日新聞デジタル)

関連動画

ゲーム 最新記事

MAiDiGiTV 動画

最新動画

最新記事

まとめタグ

このページのトップへ戻る