映画興行成績:福山主演作「そして父になる」がV2 松本人志監督作「R100」は7位

映画
「そして父になる」の一場面 (C)2013「そして父になる」製作委員会

 7日に発表された5、6日の映画観客動員ランキング(興行通信社調べ)によると、歌手で俳優の福山雅治さんが主演を務め、是枝裕和監督が手がけた映画「そして父になる」が、2週連続で1位を獲得した。土日2日間の成績は、約23万2700人(前週比92%)を動員し、興行収入は約2億9200万円と好調に推移。先行公開を含む13日間で、早くも累計興行収入13億円を突破した。

 2位は宮藤官九郎さん脚本で俳優の阿部サダヲさんが主演した映画「謝罪の王様」、3位は劇場アニメ「怪盗グルーのミニオン危機一発」と、上位6作品は前週の順位をキープ。7位には、お笑いコンビ「ダウンタウン」の松本人志さんによる4作目の監督作「R100」が初登場した。全国223スクリーンで公開され、土日2日間で約3万8000人を動員し、興行収入は約5300万円だった。ロバート・レッドフォードさんが5年ぶりに監督・主演を務めた社会派サスペンス「ランナウェイ/逃亡者」は13位に初登場している。

 松本監督の最新作「R100」は、大森南朋さん演じる絶対に開けてはいけない扉を開いて“謎のクラブ”へ入会してしまった男の物語。次々と男の前に現れる女王様を冨永愛さん、片桐はいりさん、大地真央さん、寺島しのぶさん、佐藤江梨子さん、渡辺直美さんが演じている。(毎日新聞デジタル)

1位 そして父になる

2位 謝罪の王様

3位 怪盗グルーのミニオン危機一発

4位 劇場版 ATARU −THE FIRST LOVE & THE LAST KILL−

5位 風立ちぬ

6位 エリジウム

7位 R100

8位 ウルヴァリン:SAMURAI

9位 劇場版 あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。

10位 許されざる者

映画 最新記事

MAiDiGiTV 動画

最新動画

PHOTO

このページのトップへ戻る