ドランクドラゴン塚地:エリート商社マン役で「リーガルハイ」第3話に出演

テレビ

 お笑いコンビ「ドランクドラゴン」の塚地武雅さんが、フジテレビ系の連続ドラマ「リーガルハイ」(毎週水曜午後10時~)の第3話(23日放送)にゲスト出演することが15日、分かった。塚地さんは新垣結衣さん演じる黛真知子の高校の同級生で、フケ顔でブサイクだがエリート商社マンの熊井健悟を演じる。同窓会で黛と再会し、彼女を介して堺雅人さん演じる弁護士・古美門研介に妻との離婚訴訟を依頼する。また熊井の妻・ほのかを美波さんが演じることも明らかになった。

 同ドラマは2012年4月期に放送され、堺さんと新垣さんの“凸凹”コンビが活躍する弁護士コメディーの新シリーズ。保険金殺人の罪で死刑判決を受けた“悪女”の安藤貴和役で小雪さん、古美門、黛のライバルになっていく“ゆとり弁護士”の羽生晴樹役で岡田将生さんらが出演している。

 塚地さんが演じる熊井は、高校のころから「おっさん」と呼ばれるほどのフケ顔でブサイクな反面、女性の顔に対するこだわりが異常なほどに強い男。2年前に周囲がうらやむような美人と結婚したが、妻が過去に整形手術を受けていたことを知り、離婚を決意する。塚地さんは「美人と結婚したいという気持ちは僕の中にもあって、それを(脚本の)古沢(良太)さんに読み取られて、当て書きされたような感覚なので、役作りどうこうでなく地のまま演じられました」とコメントを寄せている。

 美波さんは、“整形美人”という役どころについて「私って整形顔なんだ…」「どう受け止めたら良いんだろう?」と困惑した様子だが、「ゲスト出演ではありましたけど、とても居心地の良い現場でした。終わってしまうのが名残惜しかったです」と撮影を楽しんだようだ。ほのかは、離婚訴訟の代理人を古美門&黛のライバル弁護士・羽生に依頼する。(毎日新聞デジタル)

テレビ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

最新動画

PHOTO

このページのトップへ戻る