キアヌ・リーブス:真田広之を大絶賛「良い教師」

主演映画「47RONIN」のPRのため約5年ぶりに来日し記者会見した米俳優のキアヌ・リーブスさん(右)と真田広之さん
1 / 1
主演映画「47RONIN」のPRのため約5年ぶりに来日し記者会見した米俳優のキアヌ・リーブスさん(右)と真田広之さん

 約5年ぶりに来日した米俳優のキアヌ・リーブスさんが18日、主演映画「47RONIN(フォーティーセブン・ローニン)」(12月6日公開、カール・リンシュ監督)のPRのため、東京都内で行われた記者会見に真田広之さんらキャストとともに出席。刀の達人を演じたリーブスさんは真田さんについて「非常に高度な技術を持っていて、ジェントルマンで、良い教師で、アーティストで、役者であられる方と同じ舞台に立っていることは私にとって名誉なこと」と大絶賛。「彼にガイドをしていただいて、私は本当にラッキー」と笑顔で感謝した。

 初対面で「(作品は)シンプルだけど、非常に深いものがある」という言葉を真田さんからもらったというリーブスさんは「この言葉が僕を導き、指針となって支えてくれた」とにっこり。リーブスさんから絶賛された真田さんは「彼は非常に世界的なビッグスターでありながら、いい意味で普通の人で、シャイで謙虚」と表現し、「いつも変わらず自分に厳しく人に優しい。尊敬します」と賛辞を贈っていた。

 殺陣のシーンなどでは撮影現場でアドバイスをしていたという真田さんは「時代劇で3D作品、全編英語も初めてなので、初めて尽くし。チャレンジングな作品に参加できて光栄」と笑顔を見せていた。

 「47RONIN」は、日本の「忠臣蔵」をモチーフに、CGなどを駆使した3Dアクション大作。吉良(浅野忠信さん)と謎の女ミヅキ(菊地凛子さん)の陰謀により、尊敬する主君とサムライの身分を奪われた大石(真田さん)は、姫のミカ(柴咲コウさん)を守るため、素性不明の混血の男カイ(リーブスさん)とともに立ち上がり、圧倒的な戦力の敵軍に対し、わずか47人で決死の戦いを挑む……というストーリー。この日の会見には、浅野さん、菊地さん、赤西仁さん、柴咲さん、リンシュ監督も登場した。(毎日新聞デジタル)

映画 最新記事