初音ミク:明大に“実体”がずらり 企画展「次元の壁をこえて」

アイドル
「次元の壁をこえて 初音ミク実体化への情熱展」のホームページ

 音声合成ソフトから誕生した人気キャラクター「初音ミク」の“実体化”に焦点を当てた展示「次元の壁をこえて 初音ミク実体化への情熱展」が2014年1月31日~6月1日に明治大・米沢嘉博記念図書館(東京都千代田区)で開催されることが分かった。みさいるさんが制作した「等身大初音ミクロボット1号機」やにくきゅうっさんの「巨大はちゅねミク張り子」やフィギュアやぬいぐるみ、CD、関連書籍などを展示する。

 主催の同図書館は、展示について「初音ミクがかきたてた、架空のキャラクターに“会いたい”という『次元の壁を超える』ための創意と技術の現在を紹介し、そこに投じられた情熱をお伝えします」と説明している。

 会場には“祭壇”を用意し、一般から募集した初音ミクの立体工作物も展示する。また、初音ミクのコスプレ写真のスライドショーも予定している。(毎日新聞デジタル)

アイドル 最新記事

MAiDiGiTV 動画

最新動画

PHOTO

このページのトップへ戻る