NHK紅白歌合戦:後半44.5%で年間視聴率トップに サブちゃん、AKB大島“卒業”で半沢かわす

年間視聴率トップとなった「第64回紅白歌合戦」で“紅白卒業”した北島三郎さん
1 / 1
年間視聴率トップとなった「第64回紅白歌合戦」で“紅白卒業”した北島三郎さん

 ビデオリサーチは2日、昨年12月31日に放送された「第64回NHK紅白歌合戦」の平均世帯視聴率を発表した。関東地区で前半36.9%、後半(午後9時から)44.5%を記録。6年連続で後半40%超えを記録するとともに、42.2%(関東地区、ビデオリサーチ調べ)の高視聴率を記録した連続ドラマ「半沢直樹」最終回(TBS系)を上回り、13年に放送された全局番組の中で年間1位の視聴率を達成した。今回が“紅白卒業”となった北島三郎さんのフィナーレステージや、AKB48の大島優子さんがグループ卒業をサプライズ発表するなどの高い話題性が視聴率に貢献した。

 年間視聴率トップは近年、紅白歌合戦か、サッカーW杯をはじめとしたスポーツ中継が占めるのが定番。だが、昨年は、連続ドラマ「半沢直樹」最終回の視聴率が42.2%(関東地区、ビデオリサーチ調べ)でそれまでのトップに立っていた。過去5年で、紅白歌合戦の視聴率が42.2%を上回ったのは2012年(42.5%)の1回だけという状況で、トップの座が危ぶまれていた。

 しかし、人気を集めた朝の連続テレビ小説「あまちゃん」などの特別企画や通算50回を機に“紅白卒業”を決めた北島さんの特別ステージ、極秘リハーサルを行ったLinked Horizon(前半部放送)などが事前から話題を集めたほか、ももいろクローバーZ、ゴールデンボンバー、AKB48といった前回のステージパフォーマンスが注目されたアーティストを後半部に移動させたことも奏功した。さらに、お目当ての歌手が登場する時間がわかるスマートフォン向けアプリを配信するなど、若年層にもアピールした。

 なお、同時間帯の民放トップ(関東地区)は「ダウンタウンのガキの使いやあらへんで!!」の特別版「絶対に笑ってはいけない地球防衛軍24時!」(日本テレビ系)で、第1部が19.8%、第2部(午後9時から)17.2%だった。

アイドル 最新記事

MAiDiGiTV 動画

このページのトップへ戻る